回数重視型と期間重視型と直感重視型と疑心型の言葉の違いとは?

人が納得するには、知覚チャンネル(視覚型・聴覚型・読解型・体感覚型)で集めた情報を処理する必要があります。この処理方法を「納得モード」と呼びます。この納得モードは、回数重視型・直感重視型・疑心型・期間重視型の4つに分けられます。

自分型と無関心型と迎合型と寛容型の言葉の違いとは?

人をどんなルールで当てはめるか?これをLABプロファイルではルールという。自分のルールを相手にも当てはめる自分型。他人には無関心の無関心型。他人のルールを当てはめる迎合型。自分にも相手にもルールがある寛容型。この4つのパターン分類します。

内向型と外向型のパターンの違いとは?

感情を表に出さず相手の気持ちも察しないで話した言葉のみに反応する。ボディランゲージや声トーンなど素早く感じ取り反応する。相手の非言語ノンバーバールに反応するしない自ら非言語を使う使わない。この事をLABプロファイルでは、関係性と言います。

同一性重視型・進展重視型・相違重視型・進展相違重視型の言葉の違いとは?

変化を好む人。変わらない事を好む人。これをLABプロファイルでは変化・相違対応と言います。変化・相違対応は、どう変化に対応するか。どの程度の頻度で変化が必要か。相違点、共通点はどこか。同一性重視型、進展重視型、相違重視型、進展・重視型以上の4つのパターンに分かれます。