コーチング一覧

ここでは、コーチングに必要なスキルや考え方などを初心者向けにわかりやす解説しています。コーチだけでなくコンサルタントやカウンセラー、セラピストの方にも参考なります。普段のコミュニケーションやビジネスの場面でも役立つ内容となっていますのでぜひご覧ください。

リフレーミングは、最高のスキルです。

リフレーミングって何?リフレーミングとは、どんな状況であろうと、その出来事から受けた「ネガティブな意味づけを良い意味づけに変えること」です。その結果、悪い状況から、良い状況へ変える事も出来る様になるのです。あなたもリフレーミングを何気なく使っているかもしれません。

提案する事の重要性を知っていますか?

今日は、提案する事の重要性をお話します。クライアントとのセッションの中で上手く提案するにはどのようにすればいいのか?というご相談を受けました。セッションの中でクライアントの行動が停滞していたり方向性がずれていたりすると成果も得られません。

チャンクダウンとは?クライアントを成功へと導くテクニック

チャンクダウンのチャンクとは塊(かたまり)と言う意味。その塊を小さくし明確化する事をチャンクダウンと言う。ここではコーチがクライアントに対して行うチャンクダウンの4つの質問をご紹介します。この4つの質問であなたもチャンクダウンをマスターしてくださいね。

コーチングの基本 コーチングのテーマを決める3つのポイント

セッションを行う前にまず、コーチングのテーマを決めますよね?コーチングの基本はコーチングのテーマは何か?テーマを決める事から始まります。コーチングテーマにもコツがあります。このコーチングの基本である「テーマを決める」を理解するとクライアントの曖昧だった問題が明確になり充実したセッションになります。ですからコーチングの基本であるコーチングテーマは重要なのです。

信頼される人になるには?

今日は信頼される人になるにはをお送りします。私にとっても信頼される人になるには永遠のテーマです。コーチ、コンサルタントセラピスト、カウンセラーはその人自身が商品ですよね。ですから信頼される人になると言う事はとても重要です。

今すぐ始めるとっても大事なイメージ戦略

イメージ戦略とは相手にどう思われたいか相手に与える印象を考える必要があります。これがイメージ戦略だと私は勝手に思っています。相手がちょっと他の人とは違うなあ。興味深いなあ。と言う目で見てくれるようにする。イメージ戦略とはこう言う事だと思います。

結果にコミットする!

結果にコミットする!のキャッチコピーで有名なライザップ。私もマイケル・ボルダックのコーチングを受けていた頃。彼から「結果にコミットしろ!」と散々、言われました。そこで今日は結果にコミットする。についてお伝えします。

目標の立て方はこれでOKです。

目標の立て方の4つのポイント。さまざまな事が具体的になり最短で目標に近づく行動が出来ます。目標の立て方を理解する事は無駄な行動をしなくてすむ。目標の立て方を理解する事で、目標に向かって意識を集中できるからです。

ダメな自分を一瞬で変える方法

クライアントに自分はダメです。ダメな自分にフォーカスするクライアントがいました。ダメな自分に焦点が行ってしまいがちだと、良い結果、良い成果がなかなか出ませんよね。なんで自分はダメなんだろうと思うとダメな自分になってしまいます。

悪い習慣を簡単に変える方法

悪い習慣が身についてなかなか良い方向に進まない。分かっているんだけど、悪い習慣を変えられないクライアントっていますよね。どんなに、悪い習慣を変えたいと思っても、変えられない。そんなクライアントの悪い習慣を変える事は、困難ですよね。

傾聴力を高める?

傾聴力を高めるにはについてお伝えします。傾聴力を高めるにはどうすれば良いか。あなたも傾試聴力を高めるエクササイズをやった事があると思います。傾聴力は、誰にでも必要なスキルですので必ずマスターしたいものです。では、傾聴力とは何でしょうか?

質問力を高める方法とは

私の仕事はクライアントに行動変容を促し行動させて結果を出す事です。その為質問力を高める必要があります。質問力が高まるとクライアントにそんな事考えてもいなかったいいアイデアが浮かびましたと言ってもらえます。だから質問力を高める必要があるのです。

フィードバックって一体なに?

フィードバックとは本来電気の出力を入力側に戻す。砲弾の着弾点から目標のズレがどの位かを意味します。ではコミュニケーションでのフィードバックとは何でしょう?コミュニケーションでは客観的フィードバックと主観的フィードバックがあります。

コーチングフローってなんだ?

コーチングフローと言う言葉を聴いたことはありますか?コーチングフローとはコーチングの戦略を意味します。今日は、コーチングフローについてお伝えします。コーチングをやっていなくてもコーチングフローがわかるとコーチっぽくなるものです。

コーチングテーマを伝える

セールストークのサードステップコーチングテーマを伝えるをお伝えします。前回は相手に伝わる話し方を解説しました。 そして、今回は「セールストークサードステップコーチングテーマを伝える」です。あなたは自分の得意なコーチングテーマを相手に伝えていますか?