スポンサーリンク

友達はいらない!

ブログのタイトルである友達はいらない!」

この友達はいらないというタイトルにドキッとした方もいらっしゃるかもしれません。

今日はビジネスとお友達の関係性について解説します。

スポンサーリンク

友達はいらないと思った心理とは

で、なぜ友達はいらないと思ったのか、その心理はどんな状態なのか。

それは友達は、数よりも質が大事だという事に気づいたからなんですね。 

「ん?どう言うこと?」と思った方もいるかもしれません。

では、なぜこのような事を思ったのか。

今日は、「ビジネスと友達の関係」について記事を書いていきます。

友達ってなんだろう

では、友達ってなんでしょうね。

友達という言葉には、人それぞれ定義があると思います。

そこで、友達という言葉の意味をしらべてみました。

友達の意味とは?

まずはgoogleで「友達とは」とキーワードを入力して検索してみました。

その中にある「コトバンク」を見てみると・・。

。友達とは、互いに許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。(引用:コトバンク | デジタル大辞泉:友達とは

つまり、コトバンクで意味する友達とは、上下関係や損得感情抜きに対等に付き合える人。

ということではないかなと思うのです。

この、コトバンクで意味する友達をイメージしました。

すると地元の小学校からの友人たちの顔が浮かんでくるんですね。

損得抜きに困った時は助け合って、馬鹿な事やって、どうしようもないけど許せる仲間。

コトバンクで意味する友達をイメージした場合、私はこのようなイメージを持つのです。

あなたは友達と聞いて、誰の顔を思い浮かべたでしょうか。

ソーシャルメディアの友達の意味とは?

では、今はやりのソーシャルメディアで意味する友達とはどんな意味があるのでしょうか?

ソーシャルメディアでも多くの人が使っている、facebook。

そのfacebookナビというページで、友達の意味を調べてみました。

facebookナビ参照:

facebookでコミュニケーションをとる、実際に面識のある相手のことです。友達として登録したユーザーの情報は自分のニュースフィードに表示され、友達の近況や今いる場所を知れたり、チャットしたり写真を共有するなど、様々なコミュニケーションが楽しめます。

(引用:facebook navi | 用語集 友達とは

このfacebook naviで友達の意味を調べてみると、、。

facebookが意味する友達とは、実際に面識のある相手の事だと言っています。

facebookでは、リアルにお会いし、お互いが認識している者同士がお友達という事ですね。

facebookが意味する友達をイメージすると、〇〇と言う仕事をやってる〇〇さん。

〇〇という仕事、〇〇と言う肩書き、〇〇の〇〇さん。

私がfacebookが意味する友達をイメージすると、必ず「肩書き」のようなものがあるのです。

同じ友達でも、コトバンクとfacebookでは友達のイメージが全然違いますね。

友達申請してくる起業家の特徴

あなたは、facebookで見ず知らずの人からお友達申請を受けた事はありませんか。

とってもありがたいのですが、「誰だこいつは?」ってなりませんか。

そんな人のお友達の数を見ると、1000人以上だったりするから驚いてしまいます。

「友達増やしてなにがしたいんだよ。」

そんな気持ちになってしまうんですね。

私も見ず知らずの起業家の方から、お友達申請をいただくことがあるんですね。

でも、私は実際にお会いした方のみとお友達になりたいと考えていますし、そうしています。

facebookのお友達とコトバンクが意味するお友達。

全然違うような意味合いではないかなと考えられます。

特にfacebookではセキュリティの観点から、逢ったこともないような人とお友達になるのは控えたほうが良いかと思います。

facebookで友達を増やすメリットは

facebookでお友達の数が1000人以上いる人を見て、facebookでお友達を増やすメリットとは何だろうと考えてみました。

例えば

  • 書いた記事をお友達に拡散して欲しい。
  • 自分のビジネスを拡散して欲しい。
  • 将来のお客様になるかもしれない。

などが予想されますが、皆さんはどう思いますか。

しかし、残念なことにそんな方の投稿をみるとほとんどの方が反応していません。

と言うことは、拡散されてないと言えるんですね。

拡散しようという考えのもとお友達を増やすと、逆に拡散されない。

こんな結果になってしまうんですね。

リアルで会った人しか申請しません

私のfacebookでは現時点でお友達の数は578人です。

しかし、私には多すぎるんですね。

なぜなら、これだけ多いと全員と交流できないからです。

交流できていない方は、ごめんなさいね。



私はリアルでお会いした方としかfacebookで繋がりを持ちません。

そして、よほどの事がない限り私からお友達申請しません。


なぜかと言うと
親しい友達との交流に使いたいと思っているからです。

あと、友達を増やしても全員と交流できないと思っているからです。


そして過去の体験から、逢った事がなくメッセなしの友達申請する人。

こんな人は、情報発信ばかりで、ほとんど交流なんてしないんですね。

だから繋がろうとも思わないんですね。



あなたもそう思いませんか。

合わせて読むと理解が深まる記事

facebookで集客するならプロフィール写真は重要です。なぜなら見込客はプロフィール写真を見て無意識で良し悪しを判断するからです。だからfacebookで集客するにはプロフィール写真が重要なのです。

ダンパー数って知ってる?

人が、安定した関係を維持できるには平均約150人(100-230人)である。

これをダンパー数と言います。

イギリスの人類学者、進化生物学者のダンバーさんが言った言葉だそうです。

でも、世の中のコンサルタントの中で 

「お友達をどんどん増やしましょう!」

「情報を拡散しましょう!」

いかにもそれが正しいかのように発言する、facebookコンサルが今だにいるから驚きです。

そんなコンサルを信じてfacebookで1000人、2000人と友達を作っている。

さらには、もうすでに上限5000人に達している。

なんて方もあなたの身近にいるのではないでしょうか?



でも、これって完全にオーバーしていますよね。

ダンパー数で言う安定した関係を維持できるのは平均約150人(100-230人)。

ダンパー数を完全にオーバーしてますよね。

このようになると、情報発信ばかりでお友達とほとんど交流しないのではないでしょうかね。

でも本音は・・

私も本音では、情報を拡散して見込客をどんどん集めたい欲求があります

だから拡散してもらうために、facebookでたくさんの方とつながりたい。

そう思う事もあるし、お友達の数を増やしたいと思う気持ちもあります。

そして、どんどん情報発信したいという気持ちも十分に理解しています。

しかし、ビジネス前提で友達を作ったとしても、上手くいかないと思いませんか。

なぜなら、本当に繋がっていたい友達と交流ができないことになるからです。

これだと、自分で自分の首を締めるのではないか、とも思っているんですね。

お友達はビジネスのツールなのか?って事なんですよね。

それって何か違うような気がするのです。

お友達はお友達であって、ツールではないんだよなって思うんです。

LABプロファイルでは仕事というコンテクストにおいて、人を物もしくはツールのように扱う人を物質・タスク重視型と言います。

読むと理解が深まる記事

同じ言葉を使ったとしても人それぞれに解釈が違う。実はこれ、コンテクストの違いによって生まれるんですね。ではコンテクストとは何か。コンテクストについて分かりやすく解説しました。
人の感情や関わり方や人間関係を重要視する人。人との関わりよりも、仕事や結果、成果や課題を重要視する人。いろんな人がいます。人は何にフォーカスして行動するのかを詳しく解説しました。
堀江貴文VS中村文昭ビジネス書のおすすめはどっち?堀江貴文と中村文昭を比べると、特徴的だと感じたのでシェア致します。今日は、堀江貴文の本と中村文昭のビジネス書のタイトルを検証します。堀江貴文VS中村文昭 あなたはどっちが好き?

そして、考えた私の出した3つの答え

ではどうやってお友達を大切にしながら、情報発信していけばいいのか?

いろいろ考えた挙句、考えたのがこの3つです。

  1. フォロー機能を使う
  2. 友達をグループ分けし投稿をチェックする
  3. 主な情報発信はfacebookページを使う

facebookにはお友達にならなくてもフォロー機能という便利なものがあります。

お友達をグループ分けすれば交流もしやすくなります。

そして、ビジネス専用の情報発信はfacebookを活用する。

当分は、この3つを中心にfacebookページを活用していこうかなと考えたわけなんですね。

読むと理解が深まる記事

facebookページの作成法について記事を書きました。facebookの個人ページを使っているけどビジネス記事を書くには抵抗があるとお悩みの起業家の方はfacebookページを作成しどんどん情報発信することをお勧めいたします。

今日のタイトル「友達はいらない!」

facebookで交流しないのに自分の宣伝ばかりする友達の多い友達はいらない!

という事だったんですね。

これまでfacebookコンサルを信じて、友達が1000人2000人と友達を増やした方。

多くの友達と繋がりを持っているのに、なかなか成果が上がらない方。

情報発信しているにもかかわらず反応がないという方。

交流のないお友達、まだあった事もない友達を整理してみてはいかがでしょうか?

「お友達は数より質」という事が理解できると思いますよ。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

無料メルマガはこちらをクリックしてください。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページの作り方

簡単ネット集客講座-min

言葉の力でガツンと売り上げるガツンと売り上げる集客プロファイル

集客プロファイルメルマガ登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする