スポンサーリンク

電通の鬼十則を読んで分かったことは?

Photo on Visual Hunt

Photo on Visual Hunt

本日は、「電通の鬼十則を読んで分かった社風と労働環境とは?」をテーマに、電通の鬼十則をひとつひとつプロファイリングしてみたいと思います。

皆さんもご存知かとは思いますが、電通は、日本で一番大きな広告代理店です。

また、いろいろとマスコミで話題になりましたね。

この「電通の鬼十則」は1951年(昭和26年)に当時の社長吉田秀雄氏が、考案されたと言われる電通社員の行動規約です。

この行動規約に書いてある言葉についてプロファイリングをやってみました。

すると、電通がどんな社員を必要としているのかが非常に分かってきました。

詳細に解説いたしましたので、最後までじっくりとお読みくださいね。

では、さっそく鬼十則をご紹介いたします。

スポンサーリンク

こ、怖い・・。電通の鬼十則って・・。

Gigazinさんのサイトに「電通の鬼十則」が掲載されておりますので、ご紹介いたします。

出典:Gigazinの記事

1.仕事は自ら創るべきで、あたえられるべきでない。

2.仕事とは、先手先手と働きかけていくことで、受け身でやるものではない。

3.大きな仕事と取り組め、小さな仕事は己を小さくする。

4.難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

5.取り組んだら離すな、殺されても離すな、目的完遂までは。

6.周囲を引きずり回せ、引きずるのと、引きずられるのとでは、長い間に天地のひらきができる。

7.計画を持て、長期の計画をもっていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

8.自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りもそして厚みすらない。

9.頭は常に全回転、八方に気を配って、一分のすきもあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

10摩擦を恐れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

おー。

これだけ見ると、とても厳しい内容ですねえ。

ただ作成された時代が、1951年(昭和26年)ということもあり、当時は「鬼十則」に書かれている内容も、当たり前だったりするのかもしれませんね。

鬼十則をプロファイリングしてみた。

この電通の鬼十則に書いてある文章を分解すると、様々なパターンが複合的に絡み合っていますが、ここでは特徴的なパターンのみを解説します。

仕事は、自ら創るべきで、与えられるべきではない。

 

仕事は(物質・タスク重視型)

物質・タスク重視型は、人との関係性、感情よりも、何が得られるのか?を重要視します。

自ら創るべきで(内的基準型+主体行動型+目的志向型)

内的基準型は、自分の判断を重要視します。

主体行動型は、自ら率先して行動します。

目的志向型は、目的、目標にフォーカスします。

与えられるべきではない。(外的基準型+問題回避型)

外的基準型は、他人の意見や、指示、フィードバックを必要とします。

問題回避型は、問題を避けることにフォーカスします。

仕事とは先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。

仕事とは(物質・タスク重視型)

物質・タスク重視型は、人との関係性、感情よりも、何が得られるのか?を重要視します。

先手先手と働きかけていくことで(主体行動型)

主体行動型は、自ら率先して行動します。

受け身でやるものではない。(外的基準型+問題回避型)

外的基準型は、他人の意見や、指示、フィードバックを必要とします。

受け身という言葉はまさに、外的基準型です。

問題回避型は、問題を避けることにフォーカスします。

~でないという表現は問題回避型のパターンです。

大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

大きな仕事と取り組め(物質・タスク重視型+目的志向型)

物質・タスク重視型は、人との関係性、感情よりも、何が得られるのか?を重要視します。

目的志向型は、目的、目標にフォーカスします。

小さな仕事はおのれを小さくする(物質・タスク重視型+問題回避型)

物質・タスク重視型は、人との関係性、感情よりも、何が得られるのか?を重要視します。

問題回避型は、問題を避けることにフォーカスします。

ここで重要なのは、文章全体は、大きな仕事と小さな仕事の違いを示唆している相違重視型のパターンが入っています。

相違重視型は違いにフォーカスします。

※大きな仕事と小さな仕事の「違い」にフォーカスしている事が分かりますよね。

難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある

難しい仕事(物質・タスク重視型)

物質・タスク重視型は、人との関係性、感情よりも、何が得られるのか?を重要視します。

 

狙え(目的志向型)

目的志向型は、目的、目標にフォーカスします。

狙えという表現は、目的志向型です。

成し遂げるところに進歩がある(目的志向型+進展重視型)

目的志向型は、目的、目標にフォーカスする。

進展重視型は時間とともにどのように進展したか、過程にフォーカスします。

目的、目標に向かって進展していくような表現となっていますね。

取り組んだら離すな殺されても離すな、目的完遂までは・・・。

取り組んだら離すな、殺されても離すな(問題回避型)

問題回避型は、問題を避けることにフォーカスします。

目的完遂までは(目的志向型+期間重視型)

目的志向型は、目的、目標にフォーカスします。

期間重視型は、期間にフォーカスします。

完遂までという表現は期間重視型となっています。

周囲を引きずり回せ引きずるのと引きずられるのとでは長い間に天地のひらきができる。

周囲を引きずり回せ(主体行動型+近接型)

主体行動型は、自ら率先して行動します。

近接型は、責任の所在を明確にしながら人と関わります。

引きずるのと引きずられるのとでは(自分型+迎合型)

自分型とは、自分のルールを相手にも当てはめます。

迎合型とは、自分にルールはなく、相手のルールに合わせます。

長い間に天地のひらきがある。(期間重視型+相違重視型)

期間重視型は、何かを得るために一定期間必要があります。

長い間という表現は期間を表していますね。

相違重視型は、違いにフォーカスする。

天地の開きがあるという表現は違いを示唆していますね。

計画を持て長期の計画を持っていれば忍耐と工夫とそして正しい努力と希望が生まれる。

計画を持て(目的志向型+プロセス型)

プロセス型は、ルールを重要視するので、決まった手順があるとそれに従います。

計画は、正しい手順でということを示唆しています。

目的志向型は、目的、目標にフォーカスしています。

持てという表現は目的志向型となります。

長期の計画を持っていれば(期間重視型+プロセス型+目的志向型)

期間重視型は、何かを得るために一定期間必要があります。

長期の計画という表現は期間を表していますね。

プロセス型は、ルールを重要視するので、決まった手順があるとそれに従います。

計画は、正しい手順でということを示唆しています。

目的志向型は、目的、目標にフォーカスしています。

持っていれば、という表現は目的志向型となります。

忍耐と工夫と(問題回避型+オプション型)

問題回避型は、問題を避けることにフォーカスします。

忍耐という表現は、我慢することを示唆しているので問題回避型ですね。

オプション型は、様々な可能性や選択肢を意味します。

工夫という表現は、様々な可能性や選択しを示唆しているのでオプション型ですね。

正しい努力と希望が生まれる。(プロセス型+問題回避型+オプション型)

プロセス型は、ルールを重要視するので、決まった手順があるとそれに従います。

正しいという表現はプロセス型ですね。

問題回避型は、問題を避けることにフォーカスします。

努力という表現は、自分自身に負荷をかける事を示唆しているので問題回避型ですね。

オプション型は、様々な可能性や選択肢を意味します。

希望という表現は様々な可能性を示唆していますね。

自信を持て自信がないから君の仕事には迫力も粘りもそして厚味すらない。

自信を持て(目的志向型)

目的志向型は、目的、目標にフォーカスしています。

自信がないから君の仕事には(問題回避型+物質・タスク重視型)

問題回避型は、問題を避けることにフォーカスします。

自信がないという表現は、痛みを示唆しているので問題回避型ですね。

物質・タスク重視型は、人との関係性、感情よりも、何が得られるのか?を重要視します。

仕事という表現は物質・タスク重視型です。

迫力も粘りもそして厚味すらない。(問題回避型+オプション型)

問題回避型は、問題を避けることにフォーカスします。

~ないという表現は痛みを示唆しているので問題回避型ですね。

オプション型は、様々な可能性や選択肢を意味します。

ここでは、〇〇も、〇〇も、〇〇もという使い方でオプション型です。

頭は常に全回転八方に気を配って一分の隙もあってはならぬサービスとはそのようなものだ。

頭は常に全回転同一性重視型)

同一性重視型は、変わらない状態を好みます。

常にという表現はいつまでも変わらないことを示唆しているので同一性重視型ですね。

八方に気を配って(オプション型)

オプション型は、様々な可能性や選択肢を意味します。

八方に気を配るという表現は、色んな所に気を配るということですのでオプション型ですね。

一分の隙もあってはならぬ(問題回避型)

問題回避型は、問題を避けることにフォーカスします。

あってはならぬという表現は、痛みを示唆しているので問題回避型ですね。

摩擦を怖れるな摩擦は進歩の母積極の肥料だでないと君は卑屈未練になる。

摩擦を恐れるな(問題回避型)

問題回避型は、問題を避けることにフォーカスします。

恐れるなという表現は、問題回避型です。

摩擦は進歩の母(進展重視型)

進展重視型は時間とともにどのように進展したか、過程にフォーカスします。

進歩という言葉は、進展重視型です。

積極の肥料だ(主体行動型)

主体行動型は、自ら率先して行動します。

積極という言葉は主体行動型です。

でないと君は卑屈未練になる(問題回避型)

問題回避型は、問題を避けることにフォーカスします。

~しないと~になってしまうというネガティブな表現になっているので問題回避型ですね。

以上が電通の鬼十則のプロファイリングです。

すごいです。

気合と根性をまとめたような、この鬼十則ですが、、、。

私には無理です。

絶対働けないと思います。

まあ、採用なんてしてくれるわけがないのですが、、。笑

鬼十則を従順に守る社員はまるで・・。

この鬼十則を読んで感じたことは、あれをしちゃだめ、これをしちゃだめ。

すべてを否定するような印象と同時に、こうあるべきだ!という思いを受けてしまいました。

なんだか脅迫されているような印象。

従順でコントロールしやすい社員を採用したいのかな?

という印象を受けてしまいました。

では、電通がコントロールしやすい社員というのは、どんな社員なのか?

そこには、ある特徴が存在することが分かりましたので、解説します。

問題回避型

避ける事、問題、ネガティブな状況、自分にとって望ましくない事、問題を排除する事を話します。

問題にフォーカスします。

 

外的基準型

他者やデータなど、外部からのフィードバックを優先するので自分の価値観、世界観よりも、他者に合わせようとする。

自分を評価するのは、自分以外です。

単なる情報でさえも指示とみなす傾向にあります。

プロセス型

ルール、正しさを尊重します。

段階を踏んで前に進みます。

チャンスや可能性よりも、確実感を重要視します。

物質・タスク重視型

プロセス、システム、ツール、アイデア、タスク、目標、結果について話します。

人を「彼ら」や「あなたがた」といった代名詞を使い、人については話しません。

人は、物であり過程の一部と考える傾向にあります。

迎合型

自分自身のルールを持っていないか、明確ではありません。

しかし一度ルールを手にすると、相手にもそのルールを当てはめます。

自分で決めることができないため意思決定が弱い傾向にあります。

この5つをまとめると、なんだかロボットのようなイメージを受けるのは私だけでしょうか?笑

まるで鬼十則は、従順なロボットを生産する方法ではないかと感じるのです。

まあ、鬼十則が出来たのは、昭和26年という、戦後間もない時代背景、社会的な背景など私たちが想像できない部分もあったのかもしれませんね。

しかし、この鬼十則だけを取り上げてみると、電通の社員が抱えている心の問題、社風、労働環境などもなんとなくイメージ出来てしまい、その結果不幸な事件を起こしてしまったのかなと感じています。

そして、鬼十則に関する書籍もあるとのことなので、一度読んでみるとその真意が分かるかもしれませんね。

今回の電通の鬼十則だけでなく、様々な企業の経営理念やミッションステートメントをプロファイリングすると、その企業の社風や労働環境など新たな発見があるんだと思います。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする