スポンサーリンク

キャッチコピーの作り方を考えてみた。その例とは?

見込み客の意識レベル

こんにちは。

影響言語で人を動かす

LABプロファイルマスターコンサルタント

安藤隆幸です。

今日は、キャッチコピーの例についてお話しします。

先日、ランディングページプロファイリングする機会がありました。

ランディングページとは、

1枚もののサイトに商品説明が書いてあって、スクロールして行くとお申し込みボタンや、お問い合わせボタンがあって、個人情報やメールアドレス、そして決済を完了する、そう、あれの事です。

その中で、一番最初に目を引くものが、キャッチコピー。

そう、タイトルの事です。

そのキャッチコピーの例についてお話しさせて頂きます。

スポンサーリンク

キャッチコピーの役割ってなに?

では、

そもそも「なぜ、キャッチコピーが存在するのか?」ですが、何でしょうかね?

興味を持たせる?

対象者を絞り込む?

色々な答えが出そうですが、私の個人的な意見としては、「対象者を絞り込み、興味を惹かせ、下まで読ませる。」かなと思います。

特に、コーチ、コンサルタント、セラピスト、カウンセラーの仕事をされている方は、相手にイメージさせる事がとても難しいものですよね。

私も、LABプロファイルというよく分からない、小難しいことをやっているので相手にイメージさせる事が難しいなあと感じています。

では、どうすれば相手にイメージさせる事が出来るのか?

ちょっと、具体的な例をご紹介しますね。

キャッチコピーの例1

例えばこんなのはいかがでしょう?

LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラム

「LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラム」

これだけだと、商品名だけですね。

このキャッチコピーだと、LABプロファイルが一体何なのかが、良く分かりません。

ターゲットが誰なのかもハッキリしませんね。

はい!次!と、ページ自体を閉ざされてしまうと思います。

案外、商品タイトルのみのキャッチコピーって多いんですよね。

これはちょっと、改善の余地がありますね!

キャッチコピーにターゲットを入れてみると?

では、先ほどのキャッチコピーにターゲットを入れてみる事にしましょう。

例えば、ターゲットが中小企業経営者、人事部の方だとします。

もっと分かりやすく言うと、人を採用する時、最も影響力を持っている(決定権)を持っている人です。

ここでは、さらに中小企業経営者に絞り込んでみます。

こんなのはいかがでしょう?

LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラム

社員を採用してもすぐに辞めて、長続きしないとお悩みの経営者の方へ

『LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラム』

おっ!なんとなくターゲットが明確になりましたね。

中小企業の経営者の悩みは、「資金繰りが大変」「売り上げがなかなか上がらない」そして、「人材が思うように育たない(雇用の問題)」です。

その中で、このキャッチコピーは、「人材が思うよう採用できない・育たない(雇用の問題)」を抱えている経営者となります。

つまり、人材というコンテクストにおいて、問題回避型の経営者と言う事です。

ではもっと、具体的に表現してみましょう。

こんなのは、いかがでしょう?

LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラム

社員を採用してもすぐに辞めて、長続きしないとお悩みの二代目経営者の方へ

『LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラム』

経営者の中でも特に二代目経営者にターゲットを絞り込んでみました。

そして、「採用」「辞め」「お悩み」「二代目」と赤く塗ってみました。

人材というコンテクストにおいて、問題回避型の二代目経営者と言う事です。

おー。これならターゲットが明確ですね!

でも、まだまだ「LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラム」が良く分からないですね。

では、次にどうすれば良いでしょう?

ベネフィットを明確にする

次は、ベネフィットについて考えます。

ベネフィットとは、商品を購入する事でお客様が得られる成果とイメージしてください。

(得られる成果には、感情が含まれる事も多いです。)

マーケティング、コピーライティングでは、「ドリルを売るな穴を売れ!」と言う言葉が使われます。

あなたも聞いたことがあるかと思います。

これは、1968年に出版されたT・レビット博士の著書「マーケティング発想法」と言う本のなかで紹介されたものです。

詳しい内容が書いてあるマーケティングキャンパスはこちらをクリック。

簡単に言うと、お客さんが欲しいのは商品ではなく、得られる結果ということですね。

その得られる結果とは、ドリルではなく穴だと言う事なんですね。

では、LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラムを受ける事によって得られる結果はなんでしょうか?

うーん。悩んだ末に出した答えがこちら。

LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラム

人の言葉と行動をプロファイリングする心理技術を簡単に身に付け、優秀な人材を採用・育成する方法とは?

おー。だんだんと明確になってきましたね。

ここでのベネフィット、つまり商品を購入する事で、お客様が得られる成果は、「人の言葉と行動をプロファイリングする心理技術を簡単に身に付ける事が出来る」と、「優秀な人材を採用・育成する方法が分かる」という2つが存在します。

ここでは、「ベネフィットA」を手に入れて「ベネフィットB」を手に入れる。

2つのベネフィットを手に入れる事が出来ますよ!という表現を作りました。

つまり、目的志向型+目的志向型。

ここまで来ればあと少しですね。

でもちょっと、胡散臭い感じですね。

なんだか、「楽して儲かる」「1クリックだけで稼げる」みたいな怪しいサイトのランディングページみたい・・。

改善の余地がありそうですね。

それって本当?胡散臭いなあ・・。

ここまでだと、ちょっと胡散臭いランディングページになってますよね。

胡散臭い部分を少しでも、弱くしないといけません・・。

そこで、権威性を出してみましょう。

LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラム

「世界的な企業・政府機関・教育分野も採用する」と入れてみました。

権威性をちょっと入れるだけで、「胡散臭い」から「へぇー」となるのはなぜでしょうかね?

「胡散臭い」

決めるのは自分(内的基準型)

自分のルールを相手にも求める(自分型)

「へぇー」

判断基準が自分の外(外的基準型)

自分にルールは無く、他人のルールを受け入れる(迎合型)

という、パターンチェンジを狙ってみました。

ここで、世界的な企業、政府機関、教育分野ってどこだよ!と突っ込みを入れる人もいるでしょうね。

企業や、政府機関、教育分野でのロゴマークや、名前を入れたいところなんですが、許可が必要かもしれませんね。

LABプロファイルを採用する、企業、政府機関、教育分野を知りたい方はこちらをクリック。

ちょこちょこっと気になる所を変えてみた。

ここまでくると、あともう少しです。

気になるところを少しずつ変更してみます。

LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラム

まず、フォントです。

メイリオから明朝体に変えてみると、雰囲気も随分と変わりました。

そして、字の幅を少し狭めて、読みやすいようにしてみました。

字と字が離れてると読みにくいし、狭めすぎるとごちゃごちゃなるので、少しづつ調整するとよいですね。

あと、「人の言葉と行動をプロファイリングする」「12個の質問だけで人の言葉と行動をプロファイリング」に変えてみました。

これだと、面接する場面をイメージ出来そうですね。

※実際に人をプロファイリングする時は12個の質問を使います。

次に、「たった4ヶ月で」と言う言葉を入れました。

これだと4か月後にはプロファイリングスキルが身につくとイメージしやすいですね。

この期間に反応する人は、期間重視型というパターンです。

4か月後には、プロファイラーになれるんだと納得する人が反応します。

まとめ

ここまで来ると、かなり良くなりましたね。

最初はこれ。

LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラム

全然ダメですね・・。

そして、いろいろと付け加えて、これ。

LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラム

少しは、マシになったかな?

今回キャッチコピーに入れた要素は、

・対象者が誰か?どんな問題を抱えているのか?(具体的に)

・ベネフィット。得られる成果は何か?(ベネフィットA+ベネフィットB)

・興味性や権威性で、胡散臭さを消す

・期間、数字を入れる

でした。

このくらい入れるといいかなと思います。

きちんと作りたい方は、デザイナーさんに任せたほうがかっこいいものが出来ると思いますよ。

でも、自分の商品は自分が一番良く分かってるので丸投げはやめたほうが良いですよ。

はあー疲れた。

追伸:ランディングページをプロファイリング出来ると、キャッチコピーの見方が変わりますね。

作った人の意図が良く分かるのと、誰に、何を、どんな商品を売ろうとしているのか?

そして、商品内容も。

そして、売ろうとする側に、ひとこと言いたい!

『嘘』『大げさ』『まぎらわしさ』は、辞めてくれ!

がっかりするから・・泣。(実話)

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録