スポンサーリンク

経営コンサルタントがLABプロファイルを学んで得た成果とは?

こんにちは。

影響言語で人を動かす

LABプロファイルマスターコンサルタント

安藤隆幸です。

本日は、LABプロファイルプラクティショナ―個人レッスンプログラムを受けたクライアントの感想を頂きましたので、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

経営コンサルタントがLABプロファイルを受けたきっかけは?

安藤隆幸

それでは、さっそくインタビューを始めたいと思います。

今日は、経営コンサルタントの財前さんにお越しいただきました。

財前さん、こんにちは。

財前さん

こんにちは。

よろしくお願いします。

安藤隆幸

財前さんは、経営コンサルタントをされていると言う事ですが、普段はどのようなお仕事をされていらっしゃるのですか?

財前さん

はい。顧問先の財務のお手伝い、人事サポート、あと事業承継のサポートを行っております。

安藤隆幸

経営コンサルタント。

かっこいいですね。

憧れます。

それでは、LABプロファイル個人レッスンプログラムを受けるきっかけを教えて頂けますか?

LABプロファイル個人レッスンプログラムを受けるきっかけ

財前さん

仕事をしていく上で、経営者の気持ちをもっと分かるようになりたかったんです。

営業する時、お客様は経営者の方ですから、私よりも歳が離れている方もいらっしゃいます。

経営者の方に合わせた提案が、できるようになるといいなあと思っていました。

あと、一緒にその会社が伸びていくお手伝いができるといいなあと思いました。

そんな時、安藤さんに、LABプロファイルを勧められたんです。

それで、個人レッスンプログラムを受けようと決めました。

安藤隆幸

そうだったんですね。

財前さんは、まだお若いですが、経営者の気持ちをもっと分かるようになりたいというその意気込み素晴らしいですね。

財前さん

そげんこと、なかですばい。

経営コンサルタントが手に入れた成果とは?

安藤隆幸

それでは、LABプロファイル個人レッスンプログラムを受けて、どんな成果を手に入れたか教えて頂けますか?

財前さん

LABプロファイルが理解出来ると、その人のパターンに合わせた提案が出来る様になりました。

例えば、経営者の方のパターンの組み合わせで提案を変えるとかですね。

安藤隆幸

経営者のパターンを理解して、そのパターンに合わせて提案する。

大切な事ですね。

財前さん

コンテクストが変われば、相手のパターンも変わる事がよく理解出来ました。

相手のパターンが分かると、相手に合わせた良い提案が出来るようになりました。

あと、自分のパターンを知ることによって、説明不足が減りました。

安藤隆幸

ほー。それはどう言ったことでしょうか?

財前さん

私はもともと、目的志向型とオプション型が強い傾向にあるようです。

問題を回避するような問題回避型の発言や、順序立てて説明するプロセス型の発言が少ないと感じました。

経営者の方が、問題回避型とプロセス型が強い場合は、意識して発言するようになりました。

経営者の方のパターンを分析して、相手に合った提案ができたことで、成約につながりました。

安藤隆幸

すばらしいですね。

財前さん

そげんこと、なかですばい。

安藤隆幸

他には、どんなことがありましたか?

財前さん

顧問先の法人で、経営者の方が社員に目標を立てさせたんです。

経営者目的志向型が強い方だったのですが、社員の一人に問題回避型の方がいらっしゃったんですよね。

その方は、なかなか目標が立てられなくて悩んでいたのです。

それで、目標設定のサポートをさせて頂きました。

目的志向型と問題回避型のパターンの違いを解説して、目標に主眼を置くのではなく、今の問題にフォーカスして目標をクリアーする。

そういう風に目標を立ててみては?と提案しました。

その結果、目標を立てることができました。 

LABプロファイルのテキストを参考にして、人事に関する事について質問されても回答できるようになりました。

安藤隆幸

問題回避型の場合、なかなか目標を立てる事が難しいかもしれませんね。

他にはどのような成果がありましたか?

財前さん

ある顧問先で、後継者である息子さんと、経営者であるお父様対立したんです。

そこで、経営者であるお父様に、後継者である息子さんとのパターンの違いを解説しました。

経営者の方は、プロファイリングして息子さんとのパターンの違いが分かると、納得していました。

人は、自分のパターンに似た人を応援する傾向にありますが、中立の立場でアドバイスさせて頂きました。

安藤隆幸

中立の立場で物事を見極める。

大切なことですね。

すばらしいです。

財前さん

そげんこと、なかですばい。

経営コンサルタントの動機づけの特徴の感想

安藤隆幸

前半は、動機づけの特徴について学びました。

6つのカテゴリーと、12個のパターンを学びましたね。

経営コンサルタントの立場での、感想をお聞かせください。

財前さん

自分のパターンに近いものは理解できました。

自分のパターンとは違う場合は、難しかったですね。

自分のパターンとは違う場合は、意識しながら言葉を発すると今までと違った話ができるようになりました。

私は、さまざまな可能性や選択肢を必要とする、オプション型の言語をよく使うのですが、順序立てて正しく話すプロセス型もいるんだと分かって良かったです。

半分うざがられるけど、奥さんに使ってます。

安藤隆幸

そうなんですね。

奥様に感謝ですね。

経営コンサルタントの内的処理の特徴の感想

安藤隆幸

後半は内的処理の特徴についてでしたね。

8つのカテゴリーと24個のパターンを学びましたね。

経営コンサルタントとしての感想をお聞かせください。

財前さん

相手にヒアリングしながらプロファイリングする宿題の時です。

今までこの人は外向型だなと思ったら、コンテクストが仕事の場合は内向型だったのが驚きでした。

安藤隆幸

どんなところを見て内向型、外向型と思ったのですか?

財前さん

一見、人と接するのが好きな人だから外向型かなと思ったんです。

でも、仕事というコンテクストにおいては、言葉のみに反応する内向型だとわかって面白かったです。

その方は、話しの内容のみに重点を置いて話をする方でした。

安藤隆幸

そこまで見極める事が出来る様になったのですね。

素晴らしいですね。

財前さん

そげんこと、なかですばい。

LABプロファイルは営業で使えます!

安藤隆幸

今回、LABプロファイル個人レッスンを受けた全体的な感想をお聞かせ下さい。

財前さん

お客様、特に経営者の方とお話しするときは、会社の売り上げや方向性、それに人事についてお話しさせていただくのですが、LABプロファイルを使うと説得力が増しますね。

それに、客観的に自分の事を見る事が出来るし、経営者の方も客観的に見る事が出来るので、ベストな提案が出来る様になりました。

ベストな提案ができるようになると、それだけで説得力がある話ができますからね。

LABプロファイルは営業ツールになりますね。

個人レッスンプログラムを受けたいと思っている方へ

安藤隆幸

最後に、プログラムを受けたいなと思っている方にメッセージがあったらどうぞ。

財前さん

とりあえず、内容がよくわからなくても受けることをお勧めします。

最初は、難しいなと思おうかもしれません。

でも、使いながら検証する事によって楽しくなってきますよ。

そして、安藤コーチのスキルは抜群ですね。

誰に教わるかで、効果も変わってくると思いますよ。

安藤隆幸

お褒めの言葉ありがとうございます。

財前さん

そげんこと、なかですばい。

安藤隆幸

褒めてないんかーい。

財前さん

ジャーン!!

財前

安藤隆幸

おいてけぼりかーい!

本日は、ありがとうございました。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録