スポンサーリンク

LABプロファイルで検証:経理の仕事で必要な人材とは

Photo on Visual Hunt

Photo on Visual Hunt

こんにちは。

LABプロファイルビジネス心理学ブログを運営する

LABプロファイルマスターコンサルタント

安藤隆幸です。

今日は、ある経営者の方からのご相談です。

「経理部門のスタッフを採用したいのですが、どんな人材が良いでしょうか?」

と言う事でした。

経理の仕事となると、何だか固くて真面目そうなイメージですよね。

では、経理部門にはどんな人材が適しているのか?

さっそくプロファイルしていきましょう。

※ここでは、相談相手の経営者の一例です。重要なパターンのみ、ピックアップしています。

スポンサーリンク

経理部門に求められる人材のパターンとは

経理部門と言えば、企業のお金を扱うというイメージですよね。

経理とは入出金の管理、利益の算出、会社のおカネに関わる業務です。

では、経理部門ってどんな定義づけをすればよいのでしょうか?

調べてみました。

参照:正社員専門のエリートネットワーク

仕事の性質上、従業員の給与額や会社の経営状況といった会社の内部事情を一番知ることのできる立場にあり、企業内において経営者との距離が最も近いポジションの一つです。

会社の規模によって業務の範囲が異なりますが、一般的には財務会計を担当するのが経理で、管理会計を担当するのが経営企画となっています。

企業によっては資金調達などの財務に関わる業務までを経理が担当することもあります。

具体的な業務内容には、出納業務(現金や預金の管理・支払い、残高管理など)、会計業務(帳簿記録、決算、財務諸表など)、その他の付随業務(経営分析、税務申告、給与計算、年末調整など)があり、大企業であれば数十名で分担し、中小企業であればほんの数名でほぼ一通りの業務を行います。

また、最近はこれらの間接業務をシェアードサービスにしている企業も増加しています。

経理の仕事は専門性が高い上、経理実務の根底の部分はどの会社もほぼ同じのため、転職で最もつぶしがきく職業の一つであるということが大きな特徴です。

分かりやすく言うと、経理部門の仕事というのは

・企業のお金の管理。

・企業の内部事情が分かる経営に近いポジション。

・一人、または複数で行う。

この解説から経理の仕事で必要な人材のパターンの組み合わせが見えてきます。

経理の仕事で必要な人材のパターンは

・主体性

主体性とは、率先して行動するか?(主体行動型)とじっくりと考えるのか?(反映分析型)の2パターン。

経理の仕事で必要な人材のパターンは、反映分析型。

・考え、分析し行動する能力。

・状況を把握し、見極める応力。

・用心深く、じっくりと考える能力。

・方向性 

方向性とは、やる気の高まり。目的に向かうとやる気になる(目的志向型)問題にフォーカスし行動する(問題回避型)の2パターン。

経理の仕事で必要な人材のパターンは、問題回避型。

・避けるべき事態や、問題を意識する能力。

・解決すべき問題や、回避すべきことがあるとやる気が高まる。

・問題解決能力が高い。

※目的志向型が強い場合は、問題点に目を向ける事が難しいのでご注意を。

・判断基準 

判断基準とは、外からの情報を重要視する(外的基準型)自分の価値基準を重要視する(内的基準型)の2パターン。

経理の仕事で必要な人材のパターンは、外的基準型。

・外部から(データなど)得た情報を判断する力。

・自分の仕事を外部の基準と照らし合わせながら仕事をする力。

※内的基準型が強いと、自分のルールを重要視するのでご注意を。

・選択理由 

選択理由とは、決められた手順を重要視する(プロセス型)さまざまな可能性や選択肢を重要視する(オプション型)の2パターン。

経理の仕事で必要な人材のパターンは、プロセス型。

・既存のやり方に従う能力。

・決まった手順で正しく仕事をする能力。

・ルールを守る意識。(企業のお金を扱うという意味で)

経理だけでなく他の業務を兼任する場合は、オプション型も必要です。

※但し、オプション型が強いとルールを破る、最悪の場合横領などの犯罪につながるのでご注意を。

・変化相違対応 

変化相違対応とは、劇的な変化を好む(相違重視型)ゆるやかに進展する事を好む(相違重視型)同じ事を好む(同一性重視型)進展と変化を好む(進展相違重視型)の4パターン。

経理の仕事で必要な人材のパターンは、同一性重視型。

・常に同じ仕事でもストレスを感じない。

・常に同じ状態であることを求める。

※いつも同じ内容の仕事をさせる場合、相違重視型が強いと離職する恐れがあるのでご注意を。

・スコープ 

スコープとは、物事をざっくりと全体を見る(全体型)と細かい部分まで見る(詳細型)の2パターン。

経理の仕事で必要な人材のパターンは、全体型と詳細型の2パターン。

業務の全体像を把握しつつ、お金の動きを細かい部分まで扱う事が出来る能力が必要です。

・関係性 

関係性とは、他人の発する言語以外に反応する(外向型)自分の内側の世界にこもる(内向型)の2パターン。

経理の仕事で必要な人材のパターンは、外向型。

まあ、経理だけでなく他のスタッフと関わりあいながら仕事をする、または経営者とのコミュニケーションを重要視するので内向型はありえないでしょうね。

・ストレス反応 

ストレス反応とは、感情型になる(感情型)自分でコントロール出来る(チョイス型)いつも冷静に対処する(冷静型)の3パターン。

経理の仕事で必要な人材のパターンは、ストレス反応に強い、チョイス型か冷静型。

※経理に感情型は向かないのでご注意を。

・連携 

連携とは、どんな環境だと効率が上がるのか、一人で仕事をする(個人型)責任の所在を明確にする(近接型)みんなで一緒に仕事をする事を好む(チーム型)の3パターン。

経理の仕事で必要な人材のパターンは、近接型。

責任の所在を明確にしながら複数(チーム)で業務を遂行する能力が必要です。

※複数(チーム)で業務を遂行する場合でも、お金を扱うという意味では個人型、チーム型ではなく近接型が好ましい。

・システム 

システムとは、仕事やタスクを重要視する(物質・タスク型)人の気持ちや感情を重要視する(人間重視型)の2パターン。

経理の仕事で必要な人材のパターンは、物質タスク型。

お金を正しく扱うという意味で物質タスク型が好ましい。

ルール 

ルールとは、自分のルールは自分にも相手にも当てはまる(自分型)自分のルールは持っている、周りは関係ない(無関心型)自分にルールは無く、相手のルールを取り入れる(迎合型)自分にも相手にもルールがあり、それぞれの意見を尊重するという4パターン。

経理の仕事で必要な人材のパターンは、迎合型。

・自分自身のルールを持っていないか、明確ではない。

・ひとたびルールが与えられると従う。

・自分で意思決定しなければならない時、行き詰って分からなくなってしまう。

※上司(経営者)に指示に従うという意味で、自分型、無関心型は避けるべきです。

知覚チャンネル

知覚チャンネルとは物事を納得するとき視覚を使う(視覚型)耳を使う(聴覚型)読む(読解型)体を使う(体感覚型)の4パターン。

経理の仕事で必要な人材のパターンは、読解型。

主に数字を読み取る力が問われます。

・納得モード

納得モードとは、納得して決断するとき、回数を重要視する(回数型)期間を重要視する(期間重視型)直感を重要視する(直感型)常に疑う(疑心型)の4つのパターン。

経理の仕事で必要な人材のパターンは、回数重視型または、期間重視型。

・回数を重ねるごとに仕事を理解出来る能力。

・ある程度の期間で、仕事を理解出来る能力。

※直感重視型だと、数字の間違いが起こりやすく、疑心型だと仕事が進まない。

つまり?

ご相談頂いた経営者が求める経理の人材は

・反映分析型

・問題回避型

・外的基準型

・プロセス型

・同一性重視型

・全体型+詳細型

・外向型

・チョイス型または、冷静型

・近接型

・物質タスク型

・迎合型

・読解型

・回数重視型または、期間重視型

このパターンの組み合わせが必要だと分析しました。

こんなに多く?と思った方もいるとは思いますが、相手に質問し、その答えを聞くだけで簡単にパターンの分析が出来るのです。

求められる人材は企業により異なる

今日ご紹介した経理部門に求められる人材は、あくまでも相談者である経営者の方が求めるパターンの組み合わせです。

経営者、企業、上司との関係性、仕事内容なども含めながら求める人材のパターンを分析します。

このパターンの組み合わせが出来て、初めて求人募集に取り掛かります。

面接で相手に質問するだけで、どんなパターンを持っているのかが一目瞭然です。

見た目や印象などノンバーバル(非言語)を含めながら採用、不採用の決定を行います。

スタッフ、社員を採用する際に参考にしていただけると幸いです。

採用に関する相談も受け付けております。

ご相談は、お問い合わせフォームからよろしく願いします。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする