スポンサーリンク

人間重視型と物質・タスク重視型の言葉の違いとは?

物質・タスク重視型

例えば仕事の場面を思い出してください。

あなたは、「お客様に嫌われたらどうしよう。」と考えたことはありませんか。

逆に、「この商品が売れたら今月の売り上げは〇〇円達成する!」と思ったことがあるかもしれません。

実はこの2つ、相反するパターンなのですが、誰もが持っている感情なんですね。

この2つのパターンを「人間重視型」と「物質・タスク重視型」と言います。

今回の記事ではこの、人間重視型物質・タスク重視型について解説します。

スポンサーリンク

重要視するのは人の感情か?物や結果か?

人は何にフォーカスして行動するのでしょう?

人の感情、人との関わり、人間関係を重要視するのでしょうか?

それとも仕事や結果、課題を重要視するのでしょうか?

このことをLABプロファイルでは、「システム」といいます。

コーチングセッション

システムでは、人の感情、人との関わり、人間関係を重要視するのか。

アイデアやシステム、ツールやタスクを重要視するのかを見極めます。

人の感情、人との関わり、人間関係を重要視する事を

「人間重視型」

仕事や結果、課題を重要視する事を

「物質タスク重視型」

と言います。

人に寄り添うことが好きな人間重視型

人間重視型は、人の感情、人との関わり、人間関係を重要視しながら行動します。

人間重視型

「仕事」で例えるなら。

「成果」よりも、「人の感情や人との関わり、人間関係」を重要視します。

しかし、人の感情や人との関わり、人間関係を重要視してしまうあまりに、

「本音が言えない。」

「嫌われたら、どうしよう。」

「売り込むと嫌がるかな。」

などのような悩みを抱える場面があります。

しかし、そんな人間重視型にも、向いている仕事があるんですね。

それは、人との関わりを大事する、介護福祉、カスタマーサービス、受付などです。

主に人との関わりを重要視する仕事に向いています。

成果を重要視する物質・タスク重視型とは何か?

物質・タスク重視型は、結果、アイデア、システム、ツール、タスクを重要視します。

物質・タスク重視型

仕事で例えるなら。

「人の感情に寄り添う」よりも、「仕事をやり遂げる事」を重要視します。

仕事の内容も、プロジェクトリーダー、生産ライン、管理部門などに向いています。

物質・タスク重視型が見ているのは、「どんなメリットがあるのか。」です。

ですので、極端な例でいうと、人を物として扱う傾向が高くなります。

人間重視型の経営者の場合

人間重視型か物質・タスク重視型かを見分けるにはこう質問します。

質問例

「仕事で大切だと思う事は何ですか?」

と言う質問を相手にしてください。

この質問の答えで、相手が仕事で何を重要視しているのかがすぐに分かります。

例えば、ある経営者にこう質問しました。

「仕事で大切だと思う事は何ですか?」

経営者

「充実感です。」

そしてこう質問します。

「充実感を感じた時の事を教えてください。」

経営者

「お客様が私のことを信頼してくれて、私もとてもうれしかったですね。」

この発言から経営者は、人間重視型と言えます。

人間重視型の特徴的な言葉の使い方

人間重視型は、人、感情、気分について話します。

固有名詞、呼称を使います。

人が話の中心になります。

人間重視型は特徴的な行動パターン

人間重視型は、どんな仕事かよりも、誰と仕事をするかを重要視します。

人間関係を重要視するあまり、セールス出来ない場合がある。

ビジネスパートナーが人間重視型だと、あなたに寄り添って仕事をしてくれます。

物質・タスク重視型の経営者の場合

先ほどの質問に対して経営者がこう答えたとしましょう。

「仕事で大切だと思う事は何ですか?」

そしてこう質問します。

「充実感を感じた時の事を教えてください。」

経営者

「目標にしていた売りげを達成した時充実感を感じました。」

この発言から経営者は、物質・タスク重視型と言えます。

物質・タスク重視型の特徴的な言葉の使い方

物質・タスク重視型は、プロセス、システム、ツール、アイデア、タスク、目標、結果について話す。

人を「彼ら」や「あなたがた」といった代名詞を使い、人についての話はしません。

極端な例でいうと、人は物であり過程の一部に過ぎないのです。

物質・タスク重視型の特徴的な行動パターン

物質・タスク重視型は、仕事、成果、目標、業績にフォーカスする。

誰と仕事をするかより、どんな仕事かを重要視します。

物質・タスク重視型が強いと、お客様の気持ちよりを置いてけぼりにする傾向があります。

どんな言葉でアプローチするのか?

では、人間重視型と物質・タスク重視型には、どのような言葉を使うと効果的か?

2つのパターンに合わせて解説します。

人間重視型

認証代名詞や人の名前を使う。

わくわくする、うれしい、悲しい

の感情、気持ちを表現する言葉

物質・タスク重視型

非人称代名詞

物、システム、プロセス、タスク、仕事、目標、組織、会社などを表す言葉

いかがでしたか?

人間重視型と物質・タスク重視型の違いが理解出来たと思います。

どっちが良い・悪いだけではなく相手に合わせることが重要ですね。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする