スポンサーリンク

相手に伝わるような話し方を意識してみよう

あなたは、相手に伝わる話し方があるのをご存知ですか?

今回は、相手に伝わる話し方とはです。

ビジネスを成長させる上でも相手に伝わる話し方をマスターしたいものですね。

スポンサーリンク

意識してる?

相手に伝わるような話し方をしていますか?

相手に伝わる話し方を意識した事がありますか?

そして相手に伝わる様に話し方に変える努力はしていますか?

相手に伝わる話し方をしていれば良いですが、相手に伝わる話し方をしていないなら、相手に伝わる話し方へ改善する必要があるのです。

コーチングやコンサルタントなどの場合。

相手が、あなたのサービスを理解していれば、話し方を意識しなくても伝わるのですが・・。

相手に伝わる話し方をしないとあなたのサービスが何なのか?相手に伝わる事もないのです。

相手に伝わる話し方をしなければイメージ出来ない。

そればかりか相手に伝わる話し方をしなければ成約もありません。

相手がサービスを受ける時どう進むのか?

相手に手順を追って説明する事。

この話し方を意識してみて下さい。

話し方を意識すると、相手に伝わる話し方が出来るのです。

 

 事例1

相手に伝わる話し方

相手に伝わる話し方をする。

私の場合は、LABプロファイルは個人レッスンで学べます。

1回目はLABプロファイルの全体像を学びます。

 

事例2

相手に伝わる話し方

2回目は動機づけの特徴の2つのカテゴリーとパターンを学びます。

事例3

相手に伝わる話し方

3回目は動機づけの特徴の2つのカテゴリーとパターンを学びます。

事例4

相手に伝わる話し方

4回目は動機づけの特徴の2つのカテゴリーとパターンを学びます。

ここまでで相手に伝わる話し方が出来ているか確認する為に質問します。

「何か質問はありませんか?」

質問がなければ更に相手に伝わる話し方を意識しながら進めます。

事例5

相手に伝わる話し方

5回目は内的処理の特徴の3つのカテゴリーとパターンを学びます。

事例6

相手に伝わる話し方

6回目は内的処理の特徴の3つのカテゴリーとパターンを学びます。

事例7

相手に伝わる話し方

7回目は内的処理の特徴である2つのカテゴリーとパターンを学びます。

事例8

相手に伝わる話し方

最終回は質問シートを使いLABプロファイルが使えるか?をテストします。

と相手に伝わる様に話します。

テストに合格すればLABプロファイルプラクティショナーの取得が可能です。

と相手に伝わる話し方を意識して解説を終えます。

この流れを意識し相手に伝わるように話します。

 

手順に沿って正しく説明する。

あなたのサービスを受ける時どの様に進むのか?

手順に沿って正しく説明すると理解も出来ます。

 

LABプロファイルでは「プロセス型」と言います。

あなたのビジネスが時系列でどの様に進むのか?が重要なのです。

これが相手に伝わる話し方です。

相手に伝わる話し方が出来ていない方はぜひ、相手に伝わる話し方を理解し相手に伝わる様に練習して下さい。

以上、今回は相手に伝わる話し方でした。

 

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録