スポンサーリンク

子供の心をプロファイルする

こんにちは。

影響言語で人を動かす

LABプロファイルマスターコンサルタント

安藤隆幸です。

スポンサーリンク

子供の心をプロファイルする

今日は、子供の心。

子供の中で何があったのか?

子供の心をプロファイルしたのでシェアいたします。

子供の心をプロファイルすると、いろいろなことが見えてきます。

子供の会話で、心の変化に気づくのではないでしょうか。

子供達 ジャンプ

登場する子供は

クライアントの子供、A

そしてお友達のBです。

AとBは、誰もいない学校へ遊びに行きます。

校門は閉まっていて、学校へは入れません。

それでもBは、Aを誘って学校へ忍び込もうとします。

B:「一緒に学校に忍び込もうよ?」

A:「えー。お母さんに怒られるから嫌だよー。」

B:「じゃあ、僕一人で行ってくるから、ここで待ってて?」

A:「いいよー。」

この短い会話から、子供の心の中はどのようになっているのか?

子供の心をプロファイルしていきます。

子供の心:B君のパターンは?

Bの心の中は、あるパターンの組み合わせになっています。

ここでは、Bの心の中にある、特に重要な組み合わせを解説します。

Bの心の中は?

主体行動型

考えることなく行動を起こす傾向があります。

自分がやりたい事を押し通します。

目的志向型

目標に意識を集中します。

回避すべき事態を認識したり、問題点を識別する事が苦手な場合があります。

内的基準型

自分で決めようとします。

否定的な他者からのフィードバックを疑問視する傾向があります。

オプション型

今までとは違ったやり方、可能性、チャンスにフォーカスします。

約束を破る、ルールを守らない傾向があります。

すでに閉まっている学校へ忍び込もうとするB。

Bの心の中は、主体行動型、目的志向型、内的基準型、オプション型です。

では、Aの心の中はどうなっているでしょう?

子供の心:A君のパターンは?

Aの心の中は、Bの心の中とは違うパターンの組み合わせになっています。

ここでは、Aの心の中にある特に重要な組み合わせを解説します。

Aの心の中は?

反映分析型

行動する前に考え分析します。

充分に考えて、物事を見極める傾向があります。

問題回避型

問題に意識が集中します。

物事の計画段階で起こりうる障害を、予測しようとします。

外的基準型

意見や外部からの指示を必要とします。

自分で決断するよりも、他者の意見を重要視する傾向があります。

※おかあさんに怒られるという発言に注目

プロセス型

物事には正しいやり方があると信じる傾向があります。

ルールを大切にし、守る傾向があります。

Bの誘いを断ったA。

Aの心の中は反映分析型、問題回避型、外的基準型、プロセス型です。

対照的な子供の心

ここで、もう一度子供の心の中をおさらいします。

Bの心の中は

主体行動型、目的志向型、内的基準型、オプション型。

Aの心の中は

反映分析型、問題回避型、外的基準型、プロセス型。

Bと、A、2人の子供の心の中は、、まったく逆の組み合わせになっていたのです。

では、BとA、2人の子供の心の中は、いつもこうなのでしょうか?

答えは、NOです。

Bの心の中にも、Aの心ようなパターンが存在します。

一方、Aの心の中にも、Bの心ようなパターンが存在します。

大人は、子供を見て、「あの子は、いつもあんな感じだよね。」とラベルを貼る傾向があります。

しかし、大人も子供もコンテクスト(場面や背景)によって変わるのでご注意を。

もし、あなたが採用担当だったら?

では、想像してみてください。

もしあなたが会社の人事担当者で、この2人の子供のうち一人を採用するならどちらを採用しますか?

B?

A?

どちらの子供を採用しますか?

あなたが、外資系のフルコミッションの会社の人事担当者なら、どちらの子供を採用しますか?

あなたが、技術者を採用したいならどちらの子供を採用しますか?

ほらね。

わからなくなってきたでしょ?

子供の心:まとめ

人は、相手を見てジャッジしたがるものです。

良い、悪い。

話が合う、話が合わない。

私ももちろん、ジャッジしてしまう時があります。

2人の子供の言動を比較して、あなたもジャッジしたかもしれませんね。

しかし、子供の心の中をプロファイルする事で、Aがとった言動にはどんなパターンがあるのか?Bがとった言動にはどんなパターンがあるのか?

パターンの組み合わせを見ていくと、子供に対してどんな関わり方をすれば良いのかが分かってきます。

特に、大人である私たちは子供達の目線に合わせ、子供達の特性に合わせた関わりをする必要があります。

子供達の未来を考えながら、私たちはどうかかわれば良いのか?

クライアントの報告で、深く考えさせられたのでした。

影響言語で人を動かす

LABプロファイルマスターコンサルタント

安藤隆幸でした。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録