スポンサーリンク

マネージャーが育たないという相談を受けて感じたこと

スポンサーリンク

マネージャーはイノベーターにはなれない?

こんにちは

影響言語で人を動かす

LABプロファイルマスターコンサルタント

安藤隆幸です。

 上司

ある経営者からこんなご相談を頂きました。

マネージャーが育たないんです。」

マネージャーが育たない原因は、さまざまですよね。

 

マネージャーを育てる環境ではない。

マネージャーになるような人ではなかった。

マネージャーを育てる側に戦略がない。

 

そこで、質問です。

「マネージャーの定義」は何でしょう?

 

マネージャーの定義を調べてみたのでシェアしたいと思います。

マネージャーの定義は?

さっそく、マネージャー定義を調べてみました。

参照:とはリサーチ

マネージャーとは、企業や組織に於いて、業務を管理、統括する責任者のこと。

肩書としては、部門管理者や支配人などを指す。

マネージャー

そこでまた、疑問が浮かんできんです。

 

「マネジメントの定義」は何でしょう?

 参照;とはリサーチ

さまざまな、資産、資源、リスクを管理し、効果を最大化する事。

なるほど。

つまり、マネージャーとは、

「様々な、資産、資源、リスクを管理し、効果を最大化する部門管理者」と言う事です。

経営者の方の悩みは、マネージャー=「自社の様々な資産、資源、リスクを管理し、効果を最大化する部門管理者が育たないので、どうすれば良いでしょうか?」ってことだったのです。

なるほど、具体的になってきましたね。

イノベーターの定義は?

マネージャーについて調べていくと、興味ある記事を発見しました。

参照:東洋経済ONLINE

「マネージャーはイノベーターになれない。」

ハーバードビジネススクールの教授である、 クレイトン・クリステンセン教授の言葉です。

マネージャーの次に、また疑問が出てきました。

「イノベーターの定義」は何でしょう?

マネージャーの次は、イノベーターの定義を調べてみました。

参照:コトバンク

イノベーターとは、革新者、新技術の導入者。

例えて言うなら、スティーブジョブズのような人でしょうかね。

マネージャーは、イノベーターにはなれない?

効果を最大化しようとするマネージャーは、革新者になれない?と言う事なんでしょうね。

マネージャーとイノベーターの違い・・。

だんだん分かって来たぞ。ってことで、クレイトン・クリステンセン教授の論文を読んでマネージャーとイノベーターについて解説します。

マネージャーに足りないものは何か?

クレイトン・クリステンセン教授の言葉を借りると「枠にとらわれない考え方をしろ!」とマネージャーが言ったとします。

そして、部下は、マネージャーに対して「枠にとらわれない考え方はどうすれば身につきますか?」と逆に質問するだろう。と言うのです。

しかし、マネージャーは、「そんな事、自分で考えろ!」ってなるそうです。

私のところに相談に来た経営者も、マネージャーに対してそんな事を言ったそうです。

でも、私も同じことを言ったかもしれません・・。反省。

さらに、クレイトン・クリステンセン教授の言葉を借りると。

企業が失敗する理由は、発見力ではなく、行動力で選ばれた人が、マネージャーになることだそうです。

イノベーターが持っている、発見力。

マネージャーは、イノベーターが持っている発見力を備わっていない。

そんな人がマネージャーになると、企業は失敗する。

ということなんですね。

しかし、マネージャーでも、発見力をトレーニングすれば、誰にでも身につくとも言っています。

では、どうすればマネージャーは、発見力を身につくける事が出来るのでしょうか?

マネージャーに必要な5つのスキルをプロファイルすると?

クレイトン・クリステンセン教授によると、マネージャーが発見力を身に付けるには、

・質問力

・観察力

・ネットワーク力

・実験力

・関連付ける力

この5つが必要だと言っています。

では、ひとつずつ解説して行きます。

クエスチョンマーク

マネージャーが必要な質問力とは、

現状に甘えることなく、「なぜ、この状態なんだろう。」と疑問を持つこと。

疑問の繰り返しをすることによって、想像的な洞察を生み出す可能性を秘めている。

この質問力に必要なパターンは

反映分析型(考える)

プロセス型+オプション型(経緯+さまざまな可能性)

回数重視型(何度も繰り返す)

マネージャーが必要な観察力とは、

顧客を観察する、企業を観察する、琴線に触れたものを観察する、五感を使って観察する。

LABプロファイル

この観察力に必要なパターンは

視覚型

聴覚型

読解型

体感覚型

マネージャーが必要なネットワーク力とは、

新しいアイデアや洞察を引き出すために色々な業種、経験、視点を持つ人と会話する。

現代では、スマートフォンと、ソーシャルネットワークサービスがあればすぐに誰とでも繋がる環境ですね。

スマートフォン

このネットワーク力に必要なパターンは

主体行動型(率先して行動する)

目的志向型+問題回避型(成果を得る、問題を回避する答えを求める)

オプション型(さまざまな)

内的基準型+外向型(自分の意見と人の意見)

物質・タスク型+人間重視型(アイデア+人にフォーカス)

マネージャーが必要な実験力とは、

さまざまな実験をする事で、より多くの事を学ぶことが出来る。

理科室

この実験力に必要なパターンは

主体行動+反映分析型(率先して実験し、分析する)

オプション型(さまざまな実験)

進相違重視型(より多くの事を学ぶ)

マネージャーが必要な関連づける力

関係ないものでも、お互いを結び付け新しいアイデアを生み出す力。

この関連づける力に必要なパターンは

主体行動+反映分析型(率先して行動し、分析する)

オプション型(可能性)

相違重視型(関係ないもの)

物資・タスク型(アイデア)

経営者が求める新しいマネージャー像とは

ここまでくると、明確になってきましたね。

私のところに相談に来た経営者が、求めているマネージャー像は。

この状態は、何が原因なんだろうと観察する力。

この状態を打破するにはどうすればよいだろうか?と考える力。

さまざまなアイデアを出すために多くの人と会話する力。

自らアイデアを出す力。

この状態を打破するための行動する力。

この5つの力が必要なのではないでしょうか?

マネージャーが普段からこのような事を意識する言葉が出ているのか?

経営者もマネージャーを観察しながら、関わりあうとよいのかと思います。

ん?これって、経営者にも必要な能力なのでは?と思ってしまいますよね。

社員は、経営者以上には育たない。

そもそも、そんな社員はとっくに独立してるし・・。

なんてこともありますよね。

「ですよねー。」

でも、マネージャーを選ぶ時の明確な基準が分かってきました。

勤続年数が長いから・・。

成績が良いから。

いいやつだから・・。

などの、曖昧なもので選んではダメなんですね。

 

マネージャーを選ぶ際には、きちんと相手をプロファイルして、マネージャー&イノベーターの素質があるかどうか、見極める必要がありますね。

以上の様な事を、相談に来た経営者の方に、お伝えして、教育訓練カリキュラムを作成してみてはいかがでしょうか?とお伝えいたしました。

 

そして、「マネージャーを育てる」前に、自分自身が5つのスキルをもっと磨かねばっ!と私自身も反省したのでした。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録