スポンサーリンク

当事者意識を持つ人と薄い人の違いとは?

陸上で輝かしい成績を持つ、為末大氏。

為末大氏のブログに「当事者意識」についての記事がありました。

そこで、当事者意識について解説したいと思います。

陸上

為末大氏のブログ記事「当事者意識」の内容です。

当事者になるつもりがある人。

(以下、当事者意識を持つと表現)

当事者になるつもりがない人。

(以下、当事者意識が薄いと表現)

当事者意識を持つ人と、当事者意識が薄い人の意識の違いを、解説しています。

為末大氏のブログ:当事者になるつもりが無い人はこちらから

当事者意識を持つ人と当事者意識が薄い人の意識の違いを、為末大氏の独自の視点から解説しています。

では、当事者意識の「当事者」とは何でしょう?

スポンサーリンク

目次

当事者意識の当事者ってなに?

ここでは「当事者」の定義を明確にします。

為末大氏が言う、当事者意識の「当事者」とは。

当事者意識の当事者を調べてみると

自分自身が、その事柄に直接関係すると分かっていること。関係者であるという自覚。「当事者意識をもつ」

出典:goo国語辞書

そして、当事者の対義語は、「第三者」だそうです。

当事者以外の人。その事柄に直接関係のない者。

出典:goo国語辞書

当事者意識を持つ人

為末大氏が言う、当事者意識を持つ人とは。

自分の周りで起きている出来事を自分事のように、意識して受け入れ行動する人。

当事者意識が薄い人

為末大氏が言う、当事者意識が薄い人とは。

自分の周りで起きている出来事を他人事のように、意識せずに受け入れず、行動もしない人。

こう書かれています。

当事者意識を持つ人・当事者意識が薄い人の意識の違いが明確ですね。

当事者意識を持つ人をLABプロファイルを使い検証

では、当事者意識を持つ人と、当事者意識が薄い人の意識の違いは?

為末大氏のブログ記事を分析してみました。

為末大氏が言う当事者意識を持つ人とは。

  • 目的を達成する担当は、自分だと思ってる。
  • 目的を成し遂げること以外は、手段だと思っているから、あらゆる手を尽くす。
  • 起きている事の結果を引き受ける。
  • 引き受けると決めていれば、当然先読みして、戦略を考え出す。
  • 上手く行かなければ原因を考え、改善し、トライする。
  • やり遂げる人は、自分だと思っている。
  • 他の誰でもない自分の頭で考え、自分の責任で実行し、結果を自分で受け止める。
  • だから考えるし、どんな所からでもヒントを得ようとする。
  • 目的の為に働いているから、手段にこだわる事はない。

では、当事者意識を持つ人の9つを分析してみましょう。

目的を達成する担当は、自分だと思ってる。

目的を達成することにフォーカスするような人。

このような人を、目的志向型と言います。

そして、自分だと思っている人。

このような人は、判断基準は自分にある内的基準型と言います。

目的志向型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

内的基準型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

自分で判断したい、判断基準は自分にある。このようなタイプを内的基準型。第三者の意見や客観的なデータを必要とする。このようなタイプを外的基準型と言います。では、この2つのタイプはどのような言葉に反応するでしょうか。

目的を成し遂げること以外は、手段だと思っているから、あらゆる手を尽くす

「目的を成し遂げること」とは、目的にフォーカスしているので目的志向型です。

目的志向型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

そして、「手段だと思っているから」というのは、物質・タスク重視型です。

物質・タスク重視型というのは、人との関わりよりも成果やタスク・仕事を重要視します。

物質・タスク重視型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

可能性を感じるとモチベーションが上がる。常にアイデアを考えるが実行するのは苦手な人。ルールを重要視、正しい手順で従い一度決めたルールを守る事が重要。この2つのパターンと言葉の違いを解説します。

さらに、「あらゆる手をつくす」と言うのは、オプション型です。

オプション型は、様々な選択肢や可能性に魅了されます。

オプション型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

可能性を感じるとモチベーションが上がる。常にアイデアを考えるが実行するのは苦手な人。ルールを重要視、正しい手順で従い一度決めたルールを守る事が重要。この2つのパターンと言葉の違いを解説します。

つまり、目的を達成するためには、人との関わりさえも手段と考えていて、可能性が0ではない限り、どんな手を使ってでも、何が何でも達成する。

このようなイメージです。

さらに文章全体を読むと、自ら率先して行動する事を示唆する主体行動型とも取れます。

主体行動型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

すぐに行動する人のパターンをLABプロファイルでは、主体・行動型。じっくり待つ、考える人を反映・分析型といいます。この記事を読むと、主体行動型のパターンの違い。そして、反映分析型のパターン違い。両方のパターンの言葉の違いが理解できます。

起きている事の結果を引き受ける

「起きている事」というのは、自分の外の世界で起こっている事実。

それを受け入れようとするのは迎合型です。

迎合型とは、自分にはルールがなく、事実を素直に受け入れるという意味です。

迎合型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

人をどんなルールで当てはめるか?これをLABプロファイルではルールという。自分のルールを相手にも当てはめる自分型。他人には無関心の無関心型。他人のルールを当てはめる迎合型。自分にも相手にもルールがある寛容型。この4つのパターン分類します。

そして、自分には判断基準がありません。

判断するには外部の情報を必要とする外的基準型です。

外的基準型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

感情を表に出さず相手の気持ちも察しないで話した言葉のみに反応する。ボディランゲージや声トーンなど素早く感じ取り反応する。相手の非言語ノンバーバールに反応するしない自ら非言語を使う使わない。この事をLABプロファイルでは、関係性と言います。

引き受けると決めていれば、当然先読みして、戦略を考え出す。

「引き受けると決めれば」は、決断したのは自分なので内的基準型。

内的基準型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

自分で判断したい、判断基準は自分にある。このようなタイプを内的基準型。第三者の意見や客観的なデータを必要とする。このようなタイプを外的基準型と言います。では、この2つのタイプはどのような言葉に反応するでしょうか。

「当然先読みして、戦略を考え出す」は、反映分析型+プロセス型。

反映分析型は、じっくり考えてから行動します。

プロセス型は、正しいやり方を重要視します。

つまり、責任は自分にあるので、この先の行動をじっくり考えると言う事ですね。

反映分析型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

すぐに行動する人のパターンをLABプロファイルでは、主体・行動型。じっくり待つ、考える人を反映・分析型といいます。この記事を読むと、主体行動型のパターンの違い。そして、反映分析型のパターン違い。両方のパターンの言葉の違いが理解できます。

プロセス型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

可能性を感じるとモチベーションが上がる。常にアイデアを考えるが実行するのは苦手な人。ルールを重要視、正しい手順で従い一度決めたルールを守る事が重要。この2つのパターンと言葉の違いを解説します。

上手く行かなければ原因を考え、改善し、トライする

「上手く行かなければ原因を考え」は、問題回避型と反映分析型。

問題回避型は、問題にフォーカスしてそれを避けようとします。

つまり問題となった原因を見つけるためにじっくり考えるという事ですね。

問題回避型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

反映分析型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

すぐに行動する人のパターンをLABプロファイルでは、主体・行動型。じっくり待つ、考える人を反映・分析型といいます。この記事を読むと、主体行動型のパターンの違い。そして、反映分析型のパターン違い。両方のパターンの言葉の違いが理解できます。

さらに「改善し、トライする」は、目的志向型+オプション型+進展重視型。

つまり、目的に向かって様々な選択肢からより良い選択をして行動するという意味ですね。

進展重視型とは、現状からどのように進展したかにフォーカスします。

目的志向型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

オプション型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

可能性を感じるとモチベーションが上がる。常にアイデアを考えるが実行するのは苦手な人。ルールを重要視、正しい手順で従い一度決めたルールを守る事が重要。この2つのパターンと言葉の違いを解説します。

進展重視型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

変化を好む人。変わらない事を好む人。これをLABプロファイルでは変化・相違対応と言います。変化・相違対応は、どう変化に対応するか。どの程度の頻度で変化が必要か。相違点、共通点はどこか。同一性重視型、進展重視型、相違重視型、進展・重視型以上の4つのパターンに分かれます。

やり遂げる人は、自分だと思っている

「やり遂げる人は、自分だと思っている」は内的基準型。

つまり判断基準は自分にあると考えています。

内的基準型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

自分で判断したい、判断基準は自分にある。このようなタイプを内的基準型。第三者の意見や客観的なデータを必要とする。このようなタイプを外的基準型と言います。では、この2つのタイプはどのような言葉に反応するでしょうか。

他の誰でもない自分の頭で考え、自分の責任で実行し、結果を自分で受け止める

「他の誰でもない自分の頭で考え」は、自分で考えるという意味で、反映分析型。

反映分析型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

すぐに行動する人のパターンをLABプロファイルでは、主体・行動型。じっくり待つ、考える人を反映・分析型といいます。この記事を読むと、主体行動型のパターンの違い。そして、反映分析型のパターン違い。両方のパターンの言葉の違いが理解できます。

この文章全体は、判断基準は自分にあるという内的基準型。

内的基準型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

自分で判断したい、判断基準は自分にある。このようなタイプを内的基準型。第三者の意見や客観的なデータを必要とする。このようなタイプを外的基準型と言います。では、この2つのタイプはどのような言葉に反応するでしょうか。

そして、目的に向かい結果にフォーカスしている表現なので目的志向型。

目的志向型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

さらに、時系列で物事が進む表現のプロセス型です。

プロセス型は、正しい手順や時系列で物事が進んでいく事を好みます。

プロセス型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

可能性を感じるとモチベーションが上がる。常にアイデアを考えるが実行するのは苦手な人。ルールを重要視、正しい手順で従い一度決めたルールを守る事が重要。この2つのパターンと言葉の違いを解説します。

だから考えるし、どんな所からでもヒントを得ようとする

「だから考えるし」は、考えてから行動する反映分析型。

反映分析型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

すぐに行動する人のパターンをLABプロファイルでは、主体・行動型。じっくり待つ、考える人を反映・分析型といいます。この記事を読むと、主体行動型のパターンの違い。そして、反映分析型のパターン違い。両方のパターンの言葉の違いが理解できます。

「どんなところからでもヒントを得ようとする」は、様々な選択肢を求め目的を達成しようと行動する、主体行動型+目的志向型+オプション型です。

主体行動型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

すぐに行動する人のパターンをLABプロファイルでは、主体・行動型。じっくり待つ、考える人を反映・分析型といいます。この記事を読むと、主体行動型のパターンの違い。そして、反映分析型のパターン違い。両方のパターンの言葉の違いが理解できます。

目的志向型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

オプション型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

可能性を感じるとモチベーションが上がる。常にアイデアを考えるが実行するのは苦手な人。ルールを重要視、正しい手順で従い一度決めたルールを守る事が重要。この2つのパターンと言葉の違いを解説します。

目的の為に働いているから、手段にこだわる事はない。

「目的の為に働いている」は、目的にフォーカスする目的志向型。

目的志向型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

「手段にこだわる事はない」は、様々な可能性や選択肢を示唆するオプション型。

オプション型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

可能性を感じるとモチベーションが上がる。常にアイデアを考えるが実行するのは苦手な人。ルールを重要視、正しい手順で従い一度決めたルールを守る事が重要。この2つのパターンと言葉の違いを解説します。

文章全体が、人との関わりよりも成果を重要視する、物質・タスク重視型です。

物質・タスク重視型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

可能性を感じるとモチベーションが上がる。常にアイデアを考えるが実行するのは苦手な人。ルールを重要視、正しい手順で従い一度決めたルールを守る事が重要。この2つのパターンと言葉の違いを解説します。

当事者意識が薄い人をLABプロファイルを使い検証

次に為末大氏のブログ記事で言う当事者意識が薄い人をプロファイリングしてみました。

目的を達成する担当は自分だと思っていない

これは自分には関係ないと思っている無関心型です。

無関心型は、自分以外のことには関心がありません。

無関心型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

人をどんなルールで当てはめるか?これをLABプロファイルではルールという。自分のルールを相手にも当てはめる自分型。他人には無関心の無関心型。他人のルールを当てはめる迎合型。自分にも相手にもルールがある寛容型。この4つのパターン分類します。

目的を成し遂げる担当は自分でないから、手段や仲間や面子にこだわり、上手く行かなかった時は、誰かのせいにする

「こだわる」は、判断基準は自分にある内的基準型です。

内的基準型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

自分で判断したい、判断基準は自分にある。このようなタイプを内的基準型。第三者の意見や客観的なデータを必要とする。このようなタイプを外的基準型と言います。では、この2つのタイプはどのような言葉に反応するでしょうか。

「上手く行かなかったときは、誰かのせいにする」は、問題を回避しようとする発言なので問題回避型。

問題回避型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

そして、自分のルールを相手にも求める、自分型です。

自分型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

人をどんなルールで当てはめるか?これをLABプロファイルではルールという。自分のルールを相手にも当てはめる自分型。他人には無関心の無関心型。他人のルールを当てはめる迎合型。自分にも相手にもルールがある寛容型。この4つのパターン分類します。

自分が責任を持っていて、自分が未来を決めるとは思っていない

この文章は、言い換えると、自分が責任を持ってはいない、判断基準は自分の外にあるという意味の外的基準型です。

外的基準型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

自分で判断したい、判断基準は自分にある。このようなタイプを内的基準型。第三者の意見や客観的なデータを必要とする。このようなタイプを外的基準型と言います。では、この2つのタイプはどのような言葉に反応するでしょうか。

自分がやるんだと言う事を決めてないから、本当の意味では、起きている出来事をなんとかする権限も責任も自分にあるとは思っていない

自分にルールがなく相手のルールに合わせる迎合型。

迎合型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

人をどんなルールで当てはめるか?これをLABプロファイルではルールという。自分のルールを相手にも当てはめる自分型。他人には無関心の無関心型。他人のルールを当てはめる迎合型。自分にも相手にもルールがある寛容型。この4つのパターン分類します。

そして、判断を下すために外部のフィードバックを必要とするのであれば、外的基準。

外的基準型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

自分で判断したい、判断基準は自分にある。このようなタイプを内的基準型。第三者の意見や客観的なデータを必要とする。このようなタイプを外的基準型と言います。では、この2つのタイプはどのような言葉に反応するでしょうか。

思っていないから、現状を改善する担当者は自分だと思っていない。

文章全体でとらえると、自分以外の事に関心がない無関心型です。

無関心型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

人をどんなルールで当てはめるか?これをLABプロファイルではルールという。自分のルールを相手にも当てはめる自分型。他人には無関心の無関心型。他人のルールを当てはめる迎合型。自分にも相手にもルールがある寛容型。この4つのパターン分類します。

愚痴が多い。

この「愚痴が多い」というのは、判断基準は自分にある内的基準型です。

内的基準型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

自分で判断したい、判断基準は自分にある。このようなタイプを内的基準型。第三者の意見や客観的なデータを必要とする。このようなタイプを外的基準型と言います。では、この2つのタイプはどのような言葉に反応するでしょうか。

そして、自分のルールを相手にも求める自分型。

自分型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

人をどんなルールで当てはめるか?これをLABプロファイルではルールという。自分のルールを相手にも当てはめる自分型。他人には無関心の無関心型。他人のルールを当てはめる迎合型。自分にも相手にもルールがある寛容型。この4つのパターン分類します。

さらに、問題をさけたいという意味での問題回避型となっています。

問題回避型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

愚痴の原因をほったらかしているのも、解決できるかどうかもすべては自分にかかっていると思っていないから、愚痴が多い

自分のルールを相手に押し付けるから愚痴が多くなっているという意味で、自分型。

自分型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

人をどんなルールで当てはめるか?これをLABプロファイルではルールという。自分のルールを相手にも当てはめる自分型。他人には無関心の無関心型。他人のルールを当てはめる迎合型。自分にも相手にもルールがある寛容型。この4つのパターン分類します。

そして、文章全体が問題回避型になっています。

問題回避型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

下手すると、自分の人生まで愚痴を言っている人がいる

文章全体が問題にフォーカスしている問題回避型となっています。

問題回避型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

自分の人生の当事者にすらなっていない人が、何かの活動の当事者になれるはずがない

当事者にはなれないということは、判断基準が自分以外の外にあります。

判断を下すために外部のフィードバックを必要とするので外的基準型です。

外的基準型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

自分で判断したい、判断基準は自分にある。このようなタイプを内的基準型。第三者の意見や客観的なデータを必要とする。このようなタイプを外的基準型と言います。では、この2つのタイプはどのような言葉に反応するでしょうか。

こういう人は、こんな自分に誰がしたと思いながら生きているから、自分で自分の人生を変えられるとすら思っていない。

この文章は、自己形成を誰かのせいにする判断を自分で下す内的基準型です。

内的基準型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

自分で判断したい、判断基準は自分にある。このようなタイプを内的基準型。第三者の意見や客観的なデータを必要とする。このようなタイプを外的基準型と言います。では、この2つのタイプはどのような言葉に反応するでしょうか。

そして、問題にフォーカスする発言をしている問題回避型です。

問題回避型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

小さなプライドにこだわって、他人の助言を受け入れない

この文章は、判断基準は自分にあるという意味の内的基準型です。

そして自分のルールを、相手にも押し付けるという意味の自分型です。

内的基準型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

自分で判断したい、判断基準は自分にある。このようなタイプを内的基準型。第三者の意見や客観的なデータを必要とする。このようなタイプを外的基準型と言います。では、この2つのタイプはどのような言葉に反応するでしょうか。

自分型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

人をどんなルールで当てはめるか?これをLABプロファイルではルールという。自分のルールを相手にも当てはめる自分型。他人には無関心の無関心型。他人のルールを当てはめる迎合型。自分にも相手にもルールがある寛容型。この4つのパターン分類します。

自分は間違っていなくて周りが分かっていないだけだ。

この文章も、判断基準は自分にあるという内的基準型です。

そして、自分のルールを相手にも押し付ける自分型です。

内的基準型が好む思考と行動と言葉の詳しい解説はこちらから

自分で判断したい、判断基準は自分にある。このようなタイプを内的基準型。第三者の意見や客観的なデータを必要とする。このようなタイプを外的基準型と言います。では、この2つのタイプはどのような言葉に反応するでしょうか。

自分型が好む思考と行動・言葉の詳しい解説はこちらから

人をどんなルールで当てはめるか?これをLABプロファイルではルールという。自分のルールを相手にも当てはめる自分型。他人には無関心の無関心型。他人のルールを当てはめる迎合型。自分にも相手にもルールがある寛容型。この4つのパターン分類します。

当事者意識を持つ人、薄い人の違いをまとめてみた

為末大氏のブログ記事にある、当事者意識を持つ人と当事者意識が薄い人の意識の違いは?

当事者意識を持つ人のパターンは

  • 主体行動型  2
  • 反映分析型  4
  • 目的志向型  6
  • 問題回避型  1
  • 内的基準型  5
  • 外的基準型  1
  • 迎合型    1
  • オプション型 4
  • プロセス型  2
  • 進展重視型  1
  • 物質タスク型 2

当事者意識が薄い人のパターンは

  • 問題回避型  2
  • 内的基準型  5
  • 外的基準型  3
  • 迎合型    1
  • 自分型    5
  • 無関心型   2

主体行動型 反映分析型 目的志向型 問題回避型 内的基準型 外的基準型 迎合型 オプション型 プロセス型 進展重視型 物質タスク重視型
当事者意識を持つ人 6 5 1 4 2 2
当事者が薄い人 0 0 0 5 5 3 1 0

当事者意識を持つ人と薄い人の意識の違いを比較すると分かりやすいですね。

当事者意識を持つ人のパターンの特徴とは

この為末大氏のブログ記事、当事者意識を持つ人と当事者意識が薄い人の意識の違いは、はっきり分かれます。

為末大氏がブログで言っている、当事者意識を持つ人の【主なパターンの組み合わせ】は、

・考えながら、自ら率先して行動する。

・目的に向かって行動しつつ、問題も視野に入れる。

・判断基準は、常に自分にあるが、たまに外の情報も必要とする。

・さまざまな選択肢から選び、戦略を立てて行動する。

・常に、向上心を持ち、それが常に当たり前だと思っている。

当事者意識が薄い人のパターンの特徴とは?

為末大氏がブログで言っている、当事者になるつもりがない人の【主なパターンの組み合わせ】は、

・いつも受け身の体勢。

・問題にばかりフォーカスしている。

・自分以外の外の情報ばかり気になり、不平不満を言う。

・アイデアも、計画もない。

ざっとですが、このように判断しました。

当事者意識がある人、当事者意識がない人のまとめ

為末大氏は、アスリートとして陸上の世界で数多くの成績を収めました。

そんな為末氏は、すでに10冊以上の本を執筆しています。

現在では、社団法人を立ち上げ、スポーツ、社会、教育分野で活躍されています。

トップアスリート自らの体験から、意識の違いを分析しています。

当事者意識がある人と、当事者意識がない人、この2者の意識の違いをプロファイリングすると、理解出来ますね。

理解出来ると、採用、人材育成、チームビルディングにも使えます。

為末大氏のブログを読んで、検証してみました。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

無料メルマガはこちらをクリックしてください。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページの作り方

簡単ネット集客講座-min

言葉の力でガツンと売り上げるガツンと売り上げる集客プロファイル

集客プロファイルメルマガ登録