スポンサーリンク

iphone6sの使い方をプロファイル

こんにちは

影響言語で人を動かす

LABプロファイルマスターコンサルタント

安藤隆幸です。

スポンサーリンク

iphone6sの使い方を徹底検証してみた

iphone6sの発売日が決定しましたね。

今回もiphone6sの発売日が決定したので、サイトをチェック。

iphone6sの使い方を、魅力的に紹介してる動画がありました。

今回のiphone6sの使い方を紹介する動画も、美しい仕上がりになっています。

参照:apple

唯一変わった

iphone6sの使い方はここをクリック!

ってことで、iphone6sの使い方を紹介している動画を、プロファイリングしてみました。

iphone6s使い方:iphone6sの新機能は?

iphone6sの使い方の動画で紹介している新機能の3DTouch。

新しいiphone6s、「唯一変わったのは、そのすべて。」

このキャッチコピーにはどんな秘密があるのでしょうか?

※goo辞書参照

唯一とは、ただ一つである。それ以外にはない。

変わったとは、物事の形や様子などが今までと違った状態になる。

すべてとは、ある物や、ある事の全部。いっさい。

先にネタバラしですが、「唯一変わったのは、そのすべて。」は、iphone6sは新しい使い方が出来るという意味なのです。

さっそく、iphone6sの使い方を紹介している動画をチェック。

iphone6s の使い方を見みると?

さっそく使い方を紹介している動画を検証します。

今までの、iphoneは、こうでしたの解説。

「二次元空間における1つの平面上のものでした。」

使っている人にとっては当たり前、そうだよね。と言う反応。

言葉にすると、「うん。うん。」です。

同一性重視型+外的基準型

参照:apple

iphone6s画面

全く新しい機能が加わったという解説。

「かつてない次元をiphoneの体験にもたらします。」

iphone6sは、どんな使い方が出来るのか?ワクワクします。

そして、iphone6sの3DTouchの使い方を紹介する動画が流れます。

参照:apple

iphone6sタッチ

「かつてない次元を」と言う文章は、新しい物好きにヒットする表現。

全く違うという相違重視型

再度、今までの、iphoneの使い方は、こうでしたと言う解説。

「おなじみのジェスチャー」の使い方の解説

これも、iphoneを使っている人には、当たり前の使い方。

言葉にすると、「うん。うん。」です。

同一性重視型+外的基準型

参照:apple

母と子

再度、今までの機能に、全く新しい機能が加わったという解説。

「iphoneが初めて、圧力も感知するようになりました。」

iphone6sの使い方にワクワクしますね。

参照:apple

圧力 感知

「iphoneが初めて、圧力感知するようになりました。」

iphone6sだけの使い方相違重視型

iphone6sの使い方:興味を惹かせ本題を詳しく解説

次は、iphone6sの3DTouchの使い方の解説です。

「3DTouchをホーム画面で使うと、あなたが頻繁にすることへの近道が現れます。」と、新しい使い方の解説。

参照:apple

近道

外的基準型+目的志向型

そして、「3DTouchは、アプリケーションで内でも使えます。」という使い方の解説。

参照:apple

3D touch

「えー!iphone6sの3DTouchは、どんなアプリケーションに使えるの?」というオプション型へのアプローチ。

iphone6sのアプリケーション内での使い方。

「指で軽くプレスすると、内容をPeekで覗いてみることができ」

参照:apple

指でプレス

peek

プレスし続けると、その内容がPopで開くのです。」と新しい使い方の解説。

参照:apple

POPで開く

この流れは、iphone6sの使い方を順番に解説している、プロセス型

iphone6s使い方:新機能3DTouchをもっと知りたい?

オプション型なら、どんな使い方が出来るのか知りたいものです。

オプション型に答えるような使い方の解説が、これです。

「今の場所にいたまま、すばやく中に出入りできます。」

指で押して、からのー?

参照:apple

今の場所

地図が出てからのー?

参照:apple

指 離す

指を離すとまた元の画面に戻ります。

「操作の状況を見失う事もありません。」は問題回避型。

参照:apple

操作 状況

他にどんな使い方が出来るのか?オプション型に答えなが、iphone6sの使い方を順番に解説する、プロセス型。

iphone6sの使い方:この一連の流れを解説すると?

このiphone6sの使い方を分かりやすく解説すると

「今までの、iphoneの使い方はこうだったよねー?」

「でも、iphone6sには新しい使い方があるんだよー!」

 

「ほら、今までのiphoneには、ジェスチャー機能ってあったでしょ?」

「でも、iphone6sには指の圧力を感知する、他のスマートフォンにはない使い方が、出来るんだよー!」

「iphone6sの使い方はね、こうやって、こうやって、こうやると、こんな事が出来るんだよー!」

 

「iphone6sは、他にもこんな使い方があるんだよー!」

「その時の使い方はね、こうやって、こうやって、こうやると、こんな事が避けられるよー。」

と、このようになります。

iphone6sの使い方:そして、このパターン!

「あなたのアクションには、はっきりと触覚的な反応が返ってくるので」

参照:apple

アクション

「自分がしたことや、これから起きる事が正確にわかります。」

参照:apple

正確にわかります

この文章は、自分で分かる、正確に、触覚的な、という言葉から推測すると

内的基準型、プロセス型、体感覚型

使い方の後は、iphone6sのメカニカルな説明、構造の解説に入っていきます。

参照:apple

Apple 設計

この、メカニカルな説明、構造の解説は、物質タスク型

他にも「おそらくAppleが設計してきたどのシステムよりも」と言う言葉は今までの商品との違いを表現している相違重視型。

iphone6sの使い方の動画は誰に向けているのか?

今回のiphone6sの使い方の動画の主なパターンは

・判断基準が自分にある、内的基準型

・判断基準が自分以外にある、外的基準型

・今までと同じことにフォーカスする、同一性重視型

・今までと違うことにフォーカスする、相違重視型

・さまざまな選択肢から選びたいと思う、オプション型

・正しい手順沿って考える(行動する)、プロセス型

・実際に触って納得する、体感覚型

iphone6sの使い方を紹介している動画は、

今現在iphoneを使っていて、自分で良い商品だと思っている人

新しいiphone6sに興味があって、その違いが知りたい人

iphone6sには、どんな使い方があって、どんな手順で取り扱うのかを知りたい人。

そう、iphone6sの使い方の動画は、iphoneユーザーに向けて発信しているのでは?と判断しました。

ちょっとまって?何かが足りない・・。

iphone6sの使い方の動画は、なんだか冷たい感じがしたのですが、理由が分かりました。

人との関わり、感情にフォーカスする人間重視型が入っていないのです。

と思ったところ・・。

参照:apple

黒人の女の子

まあ、可愛らしい。

最後の最後で、iphone6sで撮影した、黒人の女の子のかわいい動画が出てきました。

人間重視型の人は最後の最後で微笑んだのではないでしょうか?

可愛い女の子が出てきたところでiphone6sの使い方の動画は終了します。

発売日は、9月25日。

今から楽しみですね。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録