スポンサーリンク

ブランディングディレクターの成果とは?

こんにちは。

影響言語で人を動かす

LABプロファイルマスターコンサルタント

安藤隆幸です。

スポンサーリンク

ブランディングディレクターがLABプロファイルを学ぶきっかけとなったものは?

今日は、ブランディングディレクターが個人レッスンプログラムを受講した感想をご紹介します。

ブランディングディレクターはどんな成果を手に入れたのか?

さっそくインタビューを始めます。

安藤隆幸

ブランディングディレクターの田川昌輝さんです。

こんにちはー。

ブランディングディレクター田川さん

ブランディングディレクター:田川さん

こんにちはー。

安藤隆幸ブランディングディレクターとして個人レッスンに興味を持った経緯を教えて頂けますか?

ブランディングディレクター

ブランディングディレクター:田川さん 

ブランディングディレクターとして、コミュニケーション能力を高めたいなと感じています。

それで、コーチングNLPなど興味を持っていたのですが、安藤さんからLABプロファイルが良いですよ!と言われて興味が湧いだんです。

デモンストレーションをやってもらった時に、これだ!と。

ブランディングディレクターの仕事って、クライアントの意見も尊重しながらブランディングするので、本音を聞き出す能力が欲しいなあと思っていました。

安藤隆幸

なるほどねー。

ブランディングディレクターとしてクライアントがどんなパターンなのか、プロファイル出来れば、良いですもんね。

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

そうなんですよ。

クライアントの強みを引き出すブランディングディレクターを目指しています。

ブランディングディレクターが得られた成果とは?

安藤隆幸

ブランディングディレクターとして、どんな成果を手に入れる事ができたか教えて頂けますか?

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

クライアントと話すときに相手のパターンが分かる様になりました。

相手のパターンがわかると、楽になりますからね。

安藤隆幸

なるほど。

ブランディングディレクターとして他には、どんな成果があったか教えて頂けますか?

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

パターンが分かると、相手に合った言葉を使う事が、出来るじゃないですか?

目的志向型なら、目的志向型の言葉、問題回避型なら問題回避型の言葉を使っています。

どんなパターンか分かるので相手に合わせると、言葉がスーッと入って行く感じなんです。

安藤隆幸

なるほどー。

相手の心に響くのですね。

ブレンディングディレクター以外の、コピーライティングについては何か変化がありましたか?

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

漠然とした説明から、より具体的に伝えられる事が出来るようになりました。

例えば、見込み客に響く言葉は何か?パターンを分析し、パターンに合った言葉で、コピーラーティングする。

おかげで、ブランディングディレクターとしての仕事のスピードも速くなった気がします。

ブランディングディレクターの動機づけ特徴の感想

安藤隆幸

前半は、動機づけの特徴について学びました。

6つのカテゴリーと、12個のパターンを学びましたね。

ブランディングディレクターの立場で感想をお聞かせください。

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

コンテクスト(背景)によって、人はパターンが変わる事が分かりました。

例えば、仕事でのパターン、プライベートでのパターンは違いますよね。

安藤隆幸

そうですね。

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

売る商品、商材でも見込み客のパターンは違う。

無意識では分かっているのですがブランディングディレクターやデザイナーは、広告、WEBサイトで見込み客に合ったキャッチコピーを作る時、今までの体験や学んだことを踏まえて作るわけです。

安藤隆幸

ブランディングディレクターとして、経験値がものを言うって感じですね。

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

商品、商材を欲しいと思う人のパターンをある程度予測できるんですよ。

見込み客に合わせて、その人に合った言葉を使う事が出来るなーと感じました。

ブランディングディレクターの内的処理の特徴の感想

安藤隆幸

後半は内的処理の特徴についてでしたね。

8つのカテゴリーと24個のパターンを学びましたね。

ブランディングディレクターとしての感想をお聞かせください。

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

ブランディングディレクターの立場でクライアントの方とお話する場合、成果や、報酬、などを重要視する物質・タスク型

人との関係性や、感情を重要視する人間重視型

この2つは、大きく違うなあと感じました。

安藤隆幸

なるほど、物質・タスク型と人間重視型。

特にどんな方でしたか?

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

クライアントで経営者の方は物質・タスク型が多かったですね。

あと、社員さん、スタッフは、人間重視型が多かったです。

安藤隆幸

それは、非常に興味がありますね。

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

やはり、経営者ですからね。

責任と言う事もあり、物質・タスク型が多いのでしょうね。

安藤隆幸

ブランディングディレクターとしての立場である、田川さんの意見はとても貴重ですね。

参考になります。

ブランディングディレクターとして実践ですぐ使えるプログラムでした!

安藤隆幸では、全体的な感想をお聞かせいただけますか?

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

非常にコストパフォーマンスに優れ、実践ですぐ使えるプログラムですね。

でも、LABって言葉、何だろうって、非常に分かりずらいですよねー。

安藤隆幸

そうですね。私も「恋愛のコミュニケーションには興味ないんですー。」って言われたことがあります。

LOVEと勘違いされたんですよね。

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

あはは。

LABって言われても、分かりずらいので、もったいないなあと思いました。

でも、安藤さんに、デモンストレーションして頂いて良く分かりました。

これは、ブランディングディレクターの仕事で、めっちゃ使える!知ってて損はない!って思いました。

安藤隆幸

でしょー?

私も、素晴らしいプログラムだと思います。

個人レッスンプログラムを受けたいと思っている方へ

安藤隆幸最後に、プログラムを受けたいなと思っている方にメッセージがあったらどうぞ。

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

集合セミナーだと、こんなに深い学びを得る事は出来ません。

対面で個人レッスンを受け、ブランディングディレクターとして実践で使いながら学ぶことが出来て良かったと思います。

あと、安藤さんは、普段から使っている事が分かり、細かく対応してくれて良かったです。

もしかしたら、トレーナーの技量によって、差があるのかなと感じました。

安藤さんなら間違いなし!だと思いました。

マスタープラクティショナ―も受けたいと思います。

安藤隆幸

恐れ入ります。m(_ _)m

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

いえいえい。

安藤隆幸

あははー。

ブランディングディレクター 

ブランディングディレクター:田川さん

あははー。

安藤隆幸ブランディングディレクター 

あははははー。

安藤隆幸

今日は、ブランディングディレクターの田川さんに感想をいただきました。

ありがとうございました。

ジャーン!

田川昌輝

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録