スポンサーリンク

じっくり考える人の心理状態とは?

反映分析型

質問に対してすぐに反応せず考える人。

例えば仕事などで、上司が部下に対して指示する場面を想像してください。

「〇〇君、先日の案件だがどうなっている?」

こんな上司の質問に対して

「えっと、、、。」と、即答せずに考えこむ部下。

こんな人ってあなたの周りにもいますよね。

即答せずに考え込む部下を持つ上司の方は、反応が遅いのでイライラするかもしれません。

あなたのまわりにもいませんか?

「じっくり考える人。」

でも、誰だって相手の質問に対して即答せず考え込む事はあるものですよね。

そこで今日は、「じっくり考える人の心理状態」について解説します。

考える人の心理状態が分かると相手に合わせ、相手に合った言葉を投げかける事ができます。

スポンサーリンク

考える人の特徴

考える人の事をLABプロファイルでは「反映・分析型」言います。

考える人=反映・分析型のパターン

考える人は、すぐに答えを出したりすぐに行動を起こそうとはしないんですね。

答えを出す前や、行動する前にじっくり考える。

または、じっくり考えてから行動したいと思うのです。

例えば、相手が考え込んでなかなか行動しない場合、あなたはイライラするかもしれません。

もしあなたが「反映・分析型」の逆である「主体・行動型」のパターンの場合、あなたは、イライラする事もあるでしょう。

「あっ!じっくり考える人のパターンを持っているのはあの人だ!」

こんな言葉が聞こえてきそうですね。

反映分析型の詳しい解説はこちらから

すぐに行動する人のパターンをLABプロファイルでは、主体・行動型。じっくり待つ、考える人を反映・分析型といいます。この記事を読むと、主体行動型のパターンの違い。そして、反映分析型のパターン違い。両方のパターンの言葉の違いが理解できます。

じっくり考える人はどんな特徴があるのか?

では、じっくり考える人はどんな特徴があるのか解説しますね。

じっくり考える人は、

  • 曖昧な話し方をする
  • 話しが長い
  • 慎重

他にも、話す前に、いったん時間を置いて、考えてから話す。

もしくは考えながら話すなどの特徴もあります。

他にも

  • 検討する
  • ~かもしれない。
  • ~だろう

など、じっくり考える人は、曖昧な言葉を使うという特徴があります。

考える人が反応する言葉は?

では、考える人はどんな言葉を使う傾向があるのでしょうか。

考える人が使う言葉の特徴をいくつかご紹介します。

  • 理解する
  • 検討する
  • 分析する

他にも

  • ~かもしれない。
  • ~だろう。

など

考える人は、「思考に関する言葉」「曖昧な言葉」を使う傾向があります。

特に考える人は「~かもしれない。」と、言いう表現を多く使います。

今すぐ使える重要なポイント

あなたが仕事の場面で、お客様と話したり、部下と話をする時の場面を思い出してください。

  • じっくり考えてみて?
  • ご検討下さい。
  • ~かもしれませんね。

こんな、表現を使うことってありますよね。

相手がじっくり考えるような人や、じっくりと考えてから行動(決断)したいと感じているのであれば、ぜひこの言葉を使ってみて下さい。

相手の反応を見てみよう

相手が考える人かどうかを判断しつつ

  • じっくり考えてみて?
  • ご検討下さい。
  • ~かもしれませんね。

などの言葉を使って声かけをしてみて下さい。

相手が良い反応だったらLABプロファイルで言う

「反映・分析型」のパターンに入っています。

意識しながら声掛けする事で、相手のパターンを見分ける事が出来るようになりますよ。

考える人 まとめ

考える人の特徴は

  • 曖昧な話し方をする
  • 話しが長い
  • 慎重
  • 時間を置いてから話す

考える人は

  • じっくり考えてみて?
  • ご検討下さい。
  • ~かもしれませんね。

などの言葉に反応します。

今日一日、あなたの周りで考える人がどんな言葉に反応するか?

意識しながら会話してみてはいかがでしょうか?

でも、考える人の事を考えながら一日を過ごすのも考えものですね。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録