スポンサーリンク

キャッチコピーの作り方 疑似体験を入れよう!

キャッチコピー

スポンサーリンク

キャッチコピーの作り方 疑似体験を入れよう!

影響言語で人を動かす

LABプロファイルマスターコンサルタント

安藤隆幸です。

さて、今日もキャッチコピー作り方について皆さんとシェアしていきたいと思います。

キャッチコピーの作り方がわからない。

キャッチコピーの作り方のヒントが、欲しい方は参考にして下さい。

・キャッチコピーの作り方 知覚に訴えるCM

・キャッチコピーの作り方 焼肉屋さんの例

・キャッチコピーの作り方で重要な3つの事

 

キャッチコピーの作り方 知覚に訴えるCM

夏になると「知覚」訴えるCMが増えてきます。

キンキンに冷えたビールゴクゴクと喉を鳴らしながら飲むシーン。

スイカザクッと切るシーン。

風鈴チリンチリン涼しく鳴るシーン。

どれも視聴者の「知覚」訴える

疑似体験させるイメージですね。

実は、キャッチコピーの作り方にも疑似体験を入れるようなものがたくさんあります。

そこで今日はキャッチコピーの作り方疑似体験を入れよう!をお伝えします。

これを読むと、キャッチコピーの作り方で疑似体験を入れ方が理解出来るので最後まで読んでくださいね。

 

キャッチコピーの作り方 焼肉屋さんの例

例えば、焼肉屋さんを例にすると当店の焼肉は、○○産の国産牛です。

というキャッチコピーは良く聞きますよね。

これに、疑似体験を入れるキャッチコピーの作り方だとどうなるでしょう?

熱々の鉄板で「ジュワッ」と焼いた○○産の牛肉を堪能してください。

となります。

キャッチコピーの作り方でこの、「ジュワッ」という表現を入れるだけで、かなり変わってきます。

キャッチコピー

他にもあなたも簡単に文章が書ける。

と言う表現を

キャッチコピーの作り方で、疑似体験を入れるとあなたも「サクサク」と文章が書ける。

となります。

キャッチコピーの作り方で、「サクサク」を入れるだけで簡単に文章が書けるとイメージ出来ます。

このようにキャッチコピーの作り方で、疑似体験を入れると反応も変わってきます。

 

キャッチコピーの作り方で重要な3つの事

キャッチコピーの作り方で疑似体験を入れる簡単な方法が3つあります。

1視覚に訴える。

2聴覚に訴える。

3体感覚に訴える。

この3つの知覚のどれかを入れると、キャッチコピーの作り方次第で見違える様になります。

この3つをLABプロファイルでは「知覚チャンネル」と言います。

キャッチコピーの作り方次第で、知覚チャンネルを入れるとあなたが表現したい事を短く・直感的に相手に伝える事が出来ます。

その結果キャッチコピーの作り方次第で相手が、「今、体験した」ような疑似体験イメージを持つことが出来る様になるのです。

キャッチコピーの作り方 まとめ

・キャッチコピーの作り方 知覚に訴える

・キャッチコピーの作り方 焼肉屋さんの例

・キャッチコピーの作り方で重要な3つの事

キャッチコピーの作り方で困った時は、キャッチコピーに知覚チャンネルを意識して、相手に疑似体験してもらえるように使ってみて下さい。

影響言語で人を動かす

LABプロファイルマスターコンサルタント

安藤隆幸

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする