スポンサーリンク

提案する事の重要性を知っていますか?

スポンサーリンク

提案する事の重要性ってなんだ?

こんにちは。

影響言語で人を動かす

LABプロファイルトレーナー

安藤隆幸です。

Photo on Visual Hunt

Photo on Visual Hunt

今日は、提案する事の重要性をお話します。

クライアントとのセッションの中で上手く提案するにはどのようにすればいいのか?

というご相談を受けました。

セッションの中でクライアントの行動が停滞していたり方向性がずれていたりすると

成果も得られません。

ですのでコーチ、コンサルタント、カウンセラー、セラピストは、クライアントに提案する事が大切です。

では、クライアントに提案する時はどのようなタイミングですればよいのでしょうか?

 

~してはいかがですか?

クライアントに提案する時はズバリ「~してはいかがでしょうか?」と言う事が大切です。

実はこの提案が出来ていない方が多いのです。

こう言ったらクライアントに嫌われるかな?

とか

こう言ったらクライアントはいつも反発する。

などがその理由です。

なぜこのようなことが起こるのかと言うと

クライアントに許可を得ていないからです。

 

提案する時に気にして欲しいこと

クライアントは自分の中に答えを持っていることが多くあります。

その時クライアントに提案すると「大きなお世話だ。」となってしまうのです。

そんな時は

「提案してもよろしいですか?」

「お伝えしたい事があるのですが」

と、クライアントに許可をもらう事が必要です。

許可をもらうとクライアントもあなたの提案を受け入れやすくなります。

ですので「許可」をもらってから提案する事をお薦めします。

 

提案する事以外に

提案する事についてご紹介しましたが提案する以外に

リクエスト
「~してほしい」

アドバイス
(助言)

があります。

リクエストも提案する事には変わりはありませんがアドバイスは専門的知識が必要です。

クライアントの問題をあなたが専門的知識で解決するのであれば「アドバイスをしても良いですか?」

とクライアントに許可をもらう事から初めてみてはいかがでしょうか?

 

提案することのまとめ

今日は提案する重要性についてそして、提案するなら許可をもらう。

と言う事を書いてみました。

クライアントに提案する事を許可してもらい

提案し、クライアントを良い方向へ導いて下さいね。

福岡 コーチング

影響言語で人を動かす

LABプロファイルトレーナー

安藤隆幸でした。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする