スポンサーリンク

過去を捨てる。大切な4つとは?

ごみ箱

こんにちは。

影響言語で人を動かす

LABプロファイルトレーナー

安藤隆幸です。

今日は過去を捨てる、大切な4つとは?をテーマにお伝えします。

あなたのクライアントで過去を捨てる事が出来ずモヤモヤとした感情を持っている人は、いませんか?

私のクライアントにも捨てたいけど、過去を捨てる事が出来ないクライアントがいました。

しかし過去を捨てる事で望む成果を得る事が出来ました。

過去の体験から来るモヤモヤとした感情。

過去を捨てるとはこのモヤモヤした感情の事を言います。

この過去を捨てる作業でクライアントに成果が出たのでシェアします。

 

スポンサーリンク

過去を捨てると成果が出る。

これを読むとなぜ、過去を捨てると成果が出るのか?が理解できるようになります。

過去を捨てる作業は大切ですので参考にして下さい。

では過去を捨てるには何からやれば良いのでしょう?

過去を捨てるには?

過去を捨てるには出来た事と出来なかった事を明確にします。

コーチングでは

「完了」と「未完了」と言います。

出来た、出来なかったを書き出し視覚化する事でやるべきことも明確になります。

出来なかった事は何でしょうか?

それはやらなきゃいけない事なのか?捨てなきゃいけないものなのか?

過去を捨てるとは「未完了」を捨てるか?やるか?

これを決める事です。

もしかしたらクライアントの障害となっているものはこの「未完了」から来るものかもしれませんね。

 

過去を捨てるには?

過去に植えつけた古い、アイデンティティを捨てる。

過去に植えつけた古い、アイデンティティが邪魔して成果が出ないクライアントもいます。

私は○○だからなどがその特徴です。

例えば、ここで言うアイデンティティとは

私は、サラリーマンだから

私は、高卒だから

私は、男だから

私は、女だから

というようなラベルを貼っている状態の事です。

クライアントも過去に植えつけた古い、アイデンティティを捨てるとスピードアップして、成果が出ました。
過去を捨てるとは過去に植えつけた古いアイデンティティを捨てる事です。

過去を捨てるには?

過去の体験が足を引っ張り成果が出ない人もいます。

この場合過去の成功体験失敗体験を言います。

過去の成功体験を捨てる

過去の成功体験にしがみつくあまり成果が出ない場合があります。

人が変わる

環境が変わる

時代が変わる。

「過去の体験が上手く行ったから」

その気持ちは十分に分かります。

しかし周りが変わったなら変化してみましょう。

 

過去の失敗体験を捨てる

過去の失敗体験が足を引っ張ると言う事もあります。

過去の失敗体験から臆病になって、行動しない事があります。

断られたらどうしよう。

嫌われたらどうしよう。

過去に人から拒絶されたからと言って行動出来ないタイプがこれです。

過去を捨てるとは無駄な失敗体験と成功体験を捨てる事です。

過去を捨てるまとめ

過去を捨てるとは「未完了」を捨てるか?やるか?を決める。

過去を捨てるとは古いアイデンティティを捨てる。

過去を捨てるとは過去の無駄な成功体験を捨てる。

過去を捨てるとは無駄な失敗体験を捨てる。

と言う事ではないでしょうか?

過去を捨てると、気持ちが楽になりクライアントの行動も早くなります。

過去を捨てるとクライアントが、成果を出し始めます。

クライアントの中で過去を捨てる事が出来ずに成果が出ていない人がいたらこれを実践してみたください。

あっ、言い忘れました。

まずは
家の中の断捨離から始める事をお忘れなく。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする