スポンサーリンク

ダメな自分を一瞬で変える方法

こんにちは。

影響言語で人を動かす

LABプロファイルマスターコンサルタント

安藤隆幸です。

今日はダメな自作分を一瞬で変える方法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

なんで自分はダメなんだろう。


クライアントに

自分はダメです。

自分には出来ない

ダメな自分に焦点が行ってしまいがちなクライアントがいました。

ダメな自分に焦点が行ってしまいがちだと、良い結果、良い成果がなかなか出ませんよね。

 

人は、無意識の中で一日に何度も自分に質問を繰り返している言われています。

 「なんで自分はダメなんだろう?」

なんで自分はダメなんだろう?などのネガティブな質問だと、行動出来ない。

問題解決出来ない。

ダメな自分になってしまいます。

 

あなたの周りにも、ダメな自分に焦点が行っている人はいませんか?

 

ダメな自分に焦点が行くと?

 

この「なんで自分はダメなんだろう?」という質問のように、ダメな自分に焦点が行くと感情に大きく影響します。

 

ダメな自分に焦点が行くとネガティブな感情を伴いますよね。

 

ダメな自分のまま、行動を起こしても恐怖をともなった行動になってしまいます。

 

ですから、思い切った行動が出来ない場合があります。

 

ダメな自分はどこから来ましたか?


「なんで自分はダメなんだろう?」

この
「なんで自分はダメなんだろう?」という質問には、前提があります。


その前提とは?

「なんで?」と言う事です。

 

ダメな自分がいるという前提があるから「なんで自分はダメなんだろう?」と言う質問をしてしまうのです。


この「なんで?」から
始まる質問は、原因を追究してしまう傾向があります。

 

ダメな自分の原因は?


ダメな自分の原因を探すと
過去に強烈な、ネガティブな体験あるいは、ショッキングな出来事あった可能性が高いのです。


「なんで自分はダメなんだろう?」

追求しかた原因ところで良い感情に変化する事は難しいですよね。

 

自分は出来ない。
ダメな自分に焦点が行っているのであれば質問自体を変える必要があるのです。

 

ダメな自分をちょっと変える方法。


ダメな自分をちょっと変えるには

なんで、自分はダメなんだろう?」

いう質問を

どうすれば、自分は良くなる?」に変える方法があります。

「どうすれば?」に変えると
ちょっとだけ可能性が見えてきますよね。


まずは
「なぜ?」から「どうすれば?」に質問を変えてダメな自分解放してあげます。

 

ダメな自分にも良いがあるはずです点。


「なんで自分はダメなんだろう?」

クライアントにもこの質問をした結果良かった点と悪かった点あったと思います。


例えば

がむしゃらに行動して結果が出た。

とか

新たなアイデアが浮かんだなど。

良かった点もあるはずです。


逆に

行動が遅くなった。

とか

止めてしまったなど。

悪かった点もあるでしょう。

ですから、過去の体験で
良かった点だけを残して新しい質問を作ります。

 

ダメな自分を一瞬で変えるには?


ダメな自分を一瞬で変えるには

「どうすれば、自分は良くなる?」

閲覧質問にの「さらに」を付け加えてみるといかがでしょうか?

 

「どうすれば、自分は更に良くなるだろう?」となります。

 

これだと「自分は、良い」という前提になります。

 

どうです?少しは楽になるのではないでしょうか?

 

ダメな自分を一瞬で変える方法まとめ


ダメな自分を感じたら
なんで自分はダメなんだろう?」と質問してみる。


この、質問には
過去のネガティブログな体験から来ている事が多い。


しかし、後になって良かったと思えることもあるはずです。

この体験の良かった点と悪かった点は何だろう?と質問します。


そして、良かった点だけ残して「どうすれば」を「さらに」を使った質問に変える。

というステップになります。


質問の質が人生の質を
変える事もあります。


何度も繰り返して
練習しながら「どうすれば」プラス「さらに」に質問を変えてみて下さい。

影響言語で人を動かす

LABプロファイルマスターコンサルタント

安藤隆幸

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする