スポンサーリンク

コーチングフローってなんだ?

あなたは、コーチングフローと言う言葉を聴いたことはありますか?

コーチングフローとは「コーチングの戦略」を意味します。

では、コーチングの戦略とは一体何でしょうか。

コーチングをやっていなくてもコーチングフローがわかるとコーチっぽくなるものです。

コーチの方はコーチングフローを復習するつもりで参考にして下さい。

と、いう事で今日は、コーチングフローについてお伝えします。

スポンサーリンク

コーチングフローとは何か?

コーチングフロー

コーチングフローとはクライアントをゴールへ導く為の戦略です。

1回のセッションでコーチングがどの様に進んでいくのか?

全体像を把握する為にコーチングフローを作って行きます。

コーチングフローを理解出来ないとクライアントをゴールへ導く事が出来ませんよね。

コーチングフローがまだ理解できていないと以下のような問題が生じます。

・コーチングセッションが空回りする。

・着地点が見いだせない。

・問題解決が出来ずにループしている。

これは、コーチ自身がコーチングフローを理解していない為です。

コーチングフローの6つの構成要素

では、コーチングフローを具体的に解説しますね。

コーチングフローには6つの構成から成り立ちます。

◆コーチングフロー6つの構成要素

1環境を作る。

2ゴールを設定する

3現在の位置を確認する。

4ギャップを理解する。

5行動計画を立てる。

6振り返りとフィードバック。

コーチングフロー環境を作る。

コーチングフローは環境を作る事から始まります。

コーチングをスタートする時クライアントは受け身の状態です。

クライアントが緊張状態だとコーチングが上手く機能しませんよね。

声のトーン、声かけ、話し方に注意して話しやすい環境を作ります。

コーチングフローは環境作りから始まるのです。

コーチングフロー目標設定

コーチングフローの2番目は目標設定を明確にします。

目標を明確にする事でコーチングフローの細部も明確になっていきます。

例えば、目標の設定には具体的にいつまでに、誰が、どのような状態になる。

ここまで明確にする必要があります。

数値化出来るものは必ず数値化します。

現在の位置を確認する

コーチングフローの3番目は現在の位置を明確にします。

現在の位置をコーチとクライアントで共通認識を持ちます。

クライアントの何が問題か?

どんなリソースがあるのか?

コーチングフローで、出来るだけ多く情報を提供してもらう事が大切です。

コーチングフローギャップを理解する

コーチングフロー4番目はギャップを理解する事です。

現状とゴール設定の間にどの様なギャップがあるのか?

そのギャップをクライアントが理解出来ていなければコーチは助言する必要があります。

どう行動するか?

コーチングフロー5番目は行動計画を立てます。

クライアントがどう行動すればゴールまで、最短でたどりつくか?

クライアントの価値観に合わせて行動計画を立てます。

コーチングフロー振り返りと改善

コーチングフロー6番目は振り返りと改善を行っていきます。

行動が停滞しているのか?方向性があっているのか?

コーチはクライアントの行動を客観的にフィードバックする必要があります。

コーチングフロー まとめ

コーチングフローを意識するどの様にコーチングすれば良いか理解出来たと思います。

コーチングフローはいわばコーチングセッションの戦略です。

コーチングが機能しない、クライアントの行動が停滞している時など。

コーチングフローを見直すチャンスです。

ぜひコーチングフローを考えてみて下さいね。

影響言語で人を動かす

LABプロファイルマスターコンサルタント

安藤隆幸

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録