スポンサーリンク

上司と部下の関係が改善した方法とは

LABプロファイル心理状態

スポンサーリンク

上司と部下の関係が悪化する理由

最近、部下のA君の行動が気になって仕方がない上司のBさん。

A君は入社して5年。

仕事にも慣れ、自分の判断で行動する事も多くなりました。

しかし、上司のBさんにとっては、まだまだ経験不足だと感じています。

最近は、A君の行動をヒヤヒヤしながら見守る事が多くなってきました。

でも、仕事に慣れてきたA君にとって、Bさんはちょっとうっとおしい存在です。

そんなA君とBさんの関係もだんだんと、悪くなっているのでした。

どうにか、信頼関係の再構築を図りたい。

Bさんから、こんな相談をいただきました。

上司と部下の心理状態

そこで、A君の仕事に対する姿勢を聞いてみる事にしました。

要約すると、A君が新人の頃は、とても素直で何でもBさんに相談していたそうです。

そりゃそうですよね。

新人の頃って、仕事のやり方や、段取りなど何もわからない状態ですから、上司の指示を仰ぐのも当然です。

新人の頃のA君は、何をするにもBさんの判断基準に合わせていました。

そして、A君は、何をするにもBさんの与えるルールに合わせていたのでした。

判断基準の詳しい解説はこちらから

自分で判断したい、判断基準は自分にある。このようなタイプを内的基準型。第三者の意見や客観的なデータを必要とする。このようなタイプを外的基準型と言います。では、この2つのタイプはどのような言葉に反応するでしょうか。

ルールの詳しい解説はこちらから

人をどんなルールで当てはめるか?これをLABプロファイルではルールという。自分のルールを相手にも当てはめる自分型。他人には無関心の無関心型。他人のルールを当てはめる迎合型。自分にも相手にもルールがある寛容型。この4つのパターン分類します。

しかし、入社して5年も経ってくるといろんな経験を積んでいく過程で、A君は自分で判断する事を覚え、自分のルールも出来上がってきたんですね。

でも、Bさんにとっては、まだまだA君は経験不足で危なっかしいと感じています。

ですから、新人の頃と同じようにA君に接し、2人の関係が徐々に悪くなってきたんですね。

上司の言葉を変えると部下は

そこで、Bさんに対して「言葉の使い方を変えてみてはどうか?」と提案しました。

具体的に言うとBさんは、今までA君に対して「命令口調で指示」を題していたそうです。

例えば、

「〇〇しろ!」

「〇〇だろ!」

と、いう言葉を使っていました。

この「〇〇しろ!」とか「〇〇だろ!」という言葉は、新人の心には響きます。

なぜなら、まだ判断基準が自分になく、上司のルールに合わせるからです。

しかし、判断基準が自分にも芽生えて、自分のルールが形成されると、「〇〇しろ!」や「〇〇だろ!」と言うと反発が起こってしまいます。

では、判断基準が自分にも芽生えて、自分のルールが形成されたA君には、どんな言葉に反応するのか解説します。

ある朝、A君がお客様のところへ出かけようとしました。

会社のルールでは、「今からお伺いします。」と、お客様に伝えます。

しかし、A君はお客様へ連絡もせず出かけようとしました。

それを見たBさんは、普段だったら「おい!B!お客様へ電話しろ!」

こう言いたくなるのをグッと我慢して、

「お客様に、一応電話したほうがいいかもよ?」と言ったそうです。

それを聞いたA君は、ハッと気づいたような表情をした後、お客様に電話したのでした。

それを見たBさんは、思わずガッツポーズしてA君を見送ったのでした。

では、Bさんの発言とA君の行動を解説しますね。

なぜ上司の指示通りに部下が動いたのか

普段なら命令口調のBさん。

「〇〇しろ!」「〇〇だろ!」という発言は、判断基準は自分にあり、自分のルールでA君を動かそうとしています。

でも、A君にも、判断基準は自分にあり、自分のルールで行動しているので、2人の間に対立が生まれるのです。

この状態から、BさんはA君に提案するような発言に変えてみました。

ではなぜ、A君はBさんの言う通りにしたのでしょう。

これは、「かもよ?」と言う言葉を使ったからです。

「かもよ?」と言う言葉は、行動を一旦止めて考えさせる効果があります。

A君の中にある、判断基準は自分にあり、自分のルールで行動する。

この状況の中に、第三者のお客様の存在をイメージさせ、考えさせる。

こんな、状況を作ることができたのです。

この体験からBさんは、A君の考えを尊重しつつ、明らかに修正が必要な場合は、提案するような発言に変えていきました。

その結果、A君とBさんの関係にも変化が現れました。

上司の感想

Bさんの感想。

言葉一つで相手を変化させるってこう言う事なんですね。

A君を自分の枠にはめて無理やり動かそうとしていました。

でも、相手を動かすには自分が変化する重要性が理解できました。

うん。よかった!よかった!

【言葉と行動をプロファイルングするLABプロファイル】

人間関係改善のヒントが欲しい?

だったら、下記URLをクリックし【体験コーチング】希望と書いてお送りください。

ご相談、体験セッションのお申込みは、こちらから

【無料メール講座】へのご登録は画像をクリックしてください。

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする