スポンサーリンク

購買意欲を掻き立てる方法とは?

リンゴ

こんにちは!

影響言語で人を動かすLABプロファイル

マスターコンサルタント

安藤隆幸です。

今日のテーマは、購買意欲を掻き立てる方法とは、について解説します。

例えば、あなたがリンゴを販売していたとします。

10個あるリンゴのうち、7個は既に販売済みです。

しかし、残りの3個がどうやっても売れません。

このままでは、売れ残って腐ってしまい処分する事になってしまいます。

そこであなたは、お客様の購買意欲を掻き立てようと、あの手この手でセールスレターを考えます。

あなたなら、どんなセールスレターを書いてお客様の購買意欲を掻き立てますか?

このリンゴがどれだけ美味しいかを熱く語る。

生産者の涙、涙のストーリーを何枚も書く。

でも、いろいろ考えるよりも簡単でとっても反応がアップする方法があるんです。

今から、この方法をお伝えしますね。

スポンサーリンク

購買意欲を掻き立てられた話し

先ほどのリンゴのお話し。

結論から言うと、【限定3個】【期間限定】と言う表現を使う。

と言う事なんですね。

これだと他のやり方よりも簡単でしょ?

ではなぜ【限定〇個!】【期間限定!】と言う表現を使うと反応が上がるのか?

ちょっと解説しますね。

以前、欲しいなあと思っていながら、買わずじまいのレザージャケットがあったんですね。

結局買わないままでいたのですが、忘れていた頃にそのお店から一通のDMが届きました。

DMの封を開けてみるとそこには、買わないまま忘れていたレザージャケットの写真が掲載しているではないですか!

これは、何としてでも手に入れなくてはと思い、さっそくお店に問い合わせました。

「在庫は1着だけ残っていますよ!」とお店のスタッフさんからの返事。

「ほ、欲しい。」心の中の自分が叫んでいます。

「ど、どうしよう。残りはあと1着。」

「他の人に買われたらどうしよう、、。」

「でもなあ、着る機会あるかなあ、、。」

「でも、欲しいなあ、、。」

こんな悶々としている気持ちなのでした。

あなたもこんな体験、ありますよね。

人は限られた物に魅力を感じてしまう

あなたも聞いた事はありませんか。

希少性、限定性を入れると反応がアップするといわれている事を。

例えば、【限定〇個!】【期間限定!】などの表現は、魅力を感じてしまいますよね。

くやしいけど、やっぱり人は反応してしまうものなんですよね。

その結果、つい予算を超えるような買い物をしてしまったり。

「何でこんな物買ってしまったんだろう。」って後悔する人もいたりして。

ではなぜ【限定〇個!期間限定!】と言う言葉に人は反応するのでしょうか?

解説しますね。

限定に反応する人の心理状態

この、【限定〇個!】【期間限定!】と言う言葉。

この言葉に反応する人は、痛みを避けたい人と快楽を得たい人が反応します。

どういう事かと言うと、「もう手に入らないかもしれない!」という感覚を持つ人。

そして、「手に入れるチャンスだ!」という感覚を持つ人です。

【限定〇個!期間限定!】と言う表現でも、痛みと快楽という相反する感覚があるんですね。

詳しい解説はこちらをクリックしてください。

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

今回の私の場合も、【あと1着しか無い】という痛みを避けるような感覚。

そして【カッコイイレザージャケットが買えるチャンス!】という快楽を得るような感覚。

一度に2つの感覚が行ったり来たりしていたのです。

でも実は、それだけではなかったのです。

今から解説していきますね。

他にもこんな事が

私の場合、過去に欲しいと思いながら、結局買わないという選択をしました。

つまり、「じっくり考えた結果、買わない判断をした」という事です。

しかし、あと1着しかないと言われてしまうと「じっくり考える時間」は無いのです。

「欲しいなあ。」「どうしようかなあ」と考えている状態だと、売り切れてしまいます。

つまり「やっぱり買っちゃえ!」っていう状態に変化させる事が出来るという事なのです。

【限定〇個!】【期間限定!】という表現は、考えている状態から行動へと促す。

こんな心理的な変化を与えることが出来るんですね。

言葉っておもしろいですよね。

詳しい解説はこちらをクリックしてください。

すぐに行動する人のパターンをLABプロファイルでは、主体・行動型。じっくり待つ、考える人を反映・分析型といいます。この記事を読むと、主体行動型のパターンの違い。そして、反映分析型のパターン違い。両方のパターンの言葉の違いが理解できます。

まとめると、

【限定〇個!】【期間限定!】という表現に反応するのは。

「もう手に入らないかもしれない!」と痛みを避けるような感覚を持つ人。

そして、「手に入るチャンスだ!」と快楽を得るような感覚を持つ人。

さらに、じっくり考える状態から、行動へと促す心理的な変化を与える事ができる。

その結果、「どうしようかなあ。」を「買っちゃえ!」に変えてしまう。

と言う事なんですね。

今まで、

「あともう少しで完売なのに」とか、

「3個だけ売れ残ってしまった。」という、悔しい体験を持っている方。

ぜひ、「限定〇個」とか「期間限定」などの表現を試してくださいね。

リンゴを食べても歯ぐきから血は出ない。

安藤隆幸でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする