スポンサーリンク

お金のメンタルブロックが外れちゃった話し

「お客様からお金を頂く事に罪悪感を感じている。」

もし、あなたがこんな事を少しでも思っているのであれば、今回お話しする内容は極めて重要なお話しになるかもしれません。

「お客様からお金を頂く事が出来ない。」

「本当は、お金を頂きたいのだけど、なんだか悪いな。」

うん。分かります!

実は私も、あなたと同じような悩みを抱えていたんです。

でもこの悩みって、多くの人も抱えているごく一般的な問題なんですね。

お金を頂くことに罪悪感を感じる。

そうは言っても、お金を頂かなければ、生活もあるし。

この狭間で揺れ動いている人は、とても多いような気がします。

スポンサーリンク

なぜお金を頂く事に罪悪感を感じてしまうのか

いろいろあるとは思いますが、問題の一つに、自分の商品やサービスを提供し、その対価としてお金を受け取る体験の数が極端に少ないというものがあります。

例えば、あなたが初心者のコーチやカウンセラーで、まだお金を頂けるようなスキルがない。

そう言って、お金を頂く事に罪悪感を持ったとします。

実はこれ、自分自身の商品やサービスに対して、お金を頂く事に慣れていないからなんです

一方で、初心者コーチやカウンセラーの方でも、きっちりお金を頂くという方もいます。

こういう方は、まだお金を頂くスキルがないとは、思いません。

「これだけやったんだから、お金を頂くのは当然だ」と考えます。

ですから、もしあなたがお金を頂く事に罪悪感を感じるようであれば、これだけやったんだからお金を頂くのは当然だという考えを取り入れる必要があるのです。

スキルアップしてもやっぱり罪悪感を持つ人

スキルが低いからお金を頂けない。

だからもっと勉強して実力を付ければ、自信が持ててお金を頂ける。

その結果、高額な講座に参加したり、新しい資格を取得したりする方が非常に多いです。

しかし、こんな事をしても上手くいく可能性は低いものです。

なぜなら、お金を頂く事への罪悪感が消えていないからです。

実は、高額な講座に参加したり、新しい資格を取得したりして、売上げを伸ばす人たちは、初心者でも「これだけやったんだからお金を頂くのは当然だ」と思う人たちなのです。

一方、上手くいかない人は、何をやってもうまくいかず年月ばかりが経過するという状況になってしまいがちです。

お金を頂く事に罪悪感を持つ人は、「自己成長」のために高額な講座に参加したり、新しい資格を取得したりします。

一方で、お金を頂く事に罪悪感を持たない人は、「将来への投資」のために高額な講座に参加したり、新しい資格を取得したりします。

このように、背景が全く違うのです。

では、2人の背景の違いはどこからくるのでしょうか。

罪悪感を持つ人と持たない人の心理的な違い

お金を頂く事への罪悪感を持つ人はどんな人か。

それは、お金よりも人との関わりを重要視してしまう人です。

お金よりも、お客様が喜んでくれる事、感謝してくれる事。

感謝される事=自分の存在意義

と捉えます。

頂くお金よりも、お客様との良好な関係性を重要視します。

ですから、お金に対して優先順位が下がってしまいます

その結果、良好な関係性を構築したお客様からお金をもらう事に罪悪感を感じるのです。

このお金よりも人間関係を重要視するパターンをLABプロファイルでは人間重視型と言います。

一方で、「これだけやったんだから、お金を頂くのは当然だ。」と言ってお金をもらう事に罪悪感を持たない人は、人との関わりよりも、成果を重要視します。

どんな成果を得られるのか、いくら儲かるのか、どんな実績を手に入れることができるのか。

仕事や、タスクを重要視するのがこのタイプです。

しかも、お客様との良好な関係性を築くのは、成果を得るための通過点なのです。

これをLABプロファイルでは、物質・タスク重視型と言います。

お客様との関わりを重要視する人のゴールは、お客様との良好な関係性であり、成果を重要視する人のゴールはお金なのです。

お金をもらう事に罪悪感を感じる人と、そうでない人では、このような違いがあったのです。

読むとさらに理解が深まる記事はこちらから

人の感情や関わり方や人間関係を重要視する人。人との関わりよりも、仕事や結果、成果や課題を重要視する人。いろんな人がいます。人は何にフォーカスして行動するのかを詳しく解説しました。
堀江貴文VS中村文昭ビジネス書のおすすめはどっち?堀江貴文と中村文昭を比べると、特徴的だと感じたのでシェア致します。今日は、堀江貴文の本と中村文昭のビジネス書のタイトルを検証します。堀江貴文VS中村文昭 あなたはどっちが好き?

お金のメンタルブロックを解放するには

ではどうやって、お金を頂くことに対して罪悪感を無くすのか。

その事例の一つとして、お金を頂かない事を問題だと認識する必要があります。

お金を頂くことに罪悪感を感じている場合、お金を頂かない事への問題意識が低い。

このように考えられます。

読むとさらに理解が深まる記事はこちらから

LABプロファイルの目的志向型と問題回避型。たった一つの質問だけで、相手が快楽を得たいのか痛みを避けたいのかが分かります。このLABプロファイルの目的志向型と問題回避型を使いビジネスに応用すれば簡単に相手に寄り添う事も可能です。

では、お金を頂かない事への問題意識をどのようにして高めれば良いのでしょうか。

答えは、簡単です。

無料でサービスを提供し続けた。

これだけです。

例えば私がコーチングを行っていた当初、無料で体験セッションを行っていました。

そして、コンサルを始めた頃、無料でコンサルタントも行いました。

自宅のリビングでも無料の勉強会も開催しました。

で、結果、、。

「お金を頂かないと割に合わないな、、。」

と、いう感情が芽生えたのです。

つまり、お金を頂かない事への問題意識が高まったのです。

こう認識できて、徐々にですがお金を頂く事ができるようになったのです。

ですから、もしあなたがお金を頂く事に罪悪感を持つならば、お金を頂かない事が問題だと認識する事が必要なんですね。

では、あなたがお金を頂かない事が問題だと認識するには、何が必要でしょうか。

豊かな人生設計のための資金でしょうか?

地位や名声を手に入れることでしょうか?

それとも、ライバルに負けたくないという気持ちでしょうか?

じっくり考えてみる必要があるかもしれませんね。

以上
影響言語で人を動かす
LABプロファイルマスターコンサルタント
安藤隆幸でした。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする