スポンサーリンク

PREP法を使うと高反応文章に早変わりした事例

今日は、文章の書き方でとってもメジャーな手法であるPREP法をお伝えします。

実はこのPREP法は、起業家のあなたにはとても重要なものなんですね。

なぜかというと、PREP法を使うことで説得力が桁違いにアップするからなんです。

Photo on Visual Hunt

Photo on Visual Hunt

例えばお客様との会話やプレゼン、文章にPREP法を使ってみてください。

PREP法を使うことによって見込客の反応率も全く違ってきますよ。

では、このPREP法とはどういうものか、ぜひ最後まで記事を読んであなたのビジネスに活用してくださいね。

スポンサーリンク

PREP法とは

PREP法とは、4つパートから構成されている文章の作り方です。

それぞれ、P・R・E・Pの頭文字からPREP(プレップ)法と呼ばれています

それではこの4つのパートにはどんな意味があるのか、解説します。

P(point)=結論を伝える

PREP(プレップ)法のPはpoint(ポイント)結論と言う意味です。

最初に結論を伝えることで会話の着地点が明確になります。

「結論から先に言え!」なんてことを言われたことはありませんか。

私はサラリーマン時代に、上司から「結論から先に言え!」とよく言われたものです。

だらだらと話しをされると、相手もストレスが貯まりますよね。

その時初めて、人はすぐに答えが欲しいんだという体験をしたんですね。

ですから、結論から先に相手に伝えます。

例えば、

「〇〇で大切なことは〇〇です。」

「〇〇にとって重要なのは〇〇なんです。」と結論を先に伝えます。

結論から先に伝えることで話しの本筋が明らかになるし、会話の着地点が明確になります。

相手の心に刺さりやすくなります。

そして、結論から先に伝えることで、印象を残しやすくなるのです。

R(reason)=理由を伝える

PREP(プレップ)法のRはreason(リーズン)理由と言う意味です。

結論を言った後で理由を言うと、さらに説得力が増します。

例えば、最初に結論を言って納得する人もいますが、納得しない人も当然いますよね。

納得しない人は、頭の中に「なぜ?」と言う疑問が残ります。

疑問が残ったまま会話が進むと、あなたの言葉も相手に伝わりませんし、納得しないと人は行動しませんよね。

ですから「なぜ?」と言う疑問に答えるために理由を伝えます。

例えば、

「なぜなら〇〇だからです。」

「どうしてかというと〇〇だからです。」

人は理由が明確になると、行動しやすくなるものです。

だから、結論を言った後は理由を伝えるのですね。

E(example)=事例を伝える

PREP(プレップ)法のEはexample(エグザンプル)事例と言う意味です。

事例を言うことで相手がイメージしやすくなります。

ここで注意することは、できるだけあなた自身のことではなく第三者の事例を伝えます。

それは、第三者の事例の方が信憑性が増すからです。

「私の事例で言うと、、」と言うと、「本当かよ?」と思われてしまいますが、「Aさんの事例で言うと、、」と第三者の事例を言った方が信憑性が増しますよね。

「例えば、、、」

「こんな事がありました、、」

「〇〇さんと言うお客様がいました、、」

と相手に伝え、イメージを与えながら話しに惹き込みます。

他にも、チラシやセールスレターのお客様の声はPREP(プレップ)法のE=example(エグザンプル)の部類になります。

このお客様の声は、多ければ多いほど説得力が増すと言われています。

さらにお客様の声を出せば出すほど、相手に良いイメージを与え、説得力が増すのであなたの世界観へと惹き込むことができます。

P(point)=結論で締める

ここでもう一度PREP(プレップ)法のP=point(ポイント)結論が出てきました。

最後にP=point(ポイント)結論で締めるとさらに説得力が増します。

説得力が増すと、相手も「そうなんだ!」と納得してもらえる可能性が高くなります。

「だから〇〇で大切なことは〇〇です。」

「ですから〇〇にとって重要なのは〇〇なんです。」などを使って結論で締めます。

冒頭のP(point)=結論からスタートした会話の旅が、R(reason)=理由、E(example)=事例を経て、冒頭のP(point)=結論にたどり着くイメージですね。

youtubeに動画をアップしました

以前youtubeにアップした「PREP法」について解説した動画です。

初心者でも簡単に高反応文章が書けるPREP法とは?

PREP法のテッパンテンプレート

では、PREP法を使ったテッパンのテンプレートをご紹介します。

P(point)=結論を伝える

「〇〇で大切なことは〇〇です。」

「〇〇にとって重要なのは〇〇なんです。」

R(reason)=理由を伝える

「なぜなら〇〇だからです。」

「どうしてかというと〇〇だからです。」

E(example)=事例を伝える

「例えば、、、」

「こんな事がありました、、」

「〇〇さんと言うお客様がいました、、」

P(point)=結論で締める

「だから〇〇で大切なことは〇〇です。」

「ですから〇〇にとって重要なのは〇〇なんです。」

というふうになります。

ぜひあなたに合わせて使ってくださいね。

合わせて読むと理解が深まる記事

福岡では有名なレストランピエトロで見つけたコピーをプロファイリング。文章の書き方を変えるだけで印象がガラッと変わる方法をお伝えします。ピエトロと言えば元々ドレッシングで有名ですよね。そのピエトロが経営するレストランに行ってきました。

言い間違いから起きた悲劇

仕事の打ち合わせで、メルマガについて話をしていた時のことです。

メルマガは、何時に配信すれば開封率が高いのか、をテーマに話をしていました。

登場人物は、私とAさん。

Aさんから、

「7時30分にメルマガを配信すると開封率が高いですよ。」

「だから7時30分に配信してみたら?」

とアドバイスをくれたんですね。

そこで、私は7時30分にメルマガをセットして「よーし!これで開封率アップだ!」と意気込んで配信したんですね。

ところが、後日Aさんからこんな連絡が届いたんですね。

「安藤さん、朝の7時30分にメルマガ配信したの?」

「私が言いたかったのは、夜の7時30分にメルマガ配信するという意味だったんだけど・・。」

どういう意味か聞いてみると、日中は、みんな忙しいからメルマガを見ない。

仕事が終わりひと段落経ってから、メルマガを見るので夜の7時30分にメルマガを配信すると開封率が高い、ということだったんですね。

これは、今までのAさんの実体験からの話しだったんですね。

では、私の場合はと言うと、

朝7時30分に配信すると、夜の就寝時間までに時間がたっぷりとある。

その間にチェックできるように朝7時30分に配信すると開封率が高い、ということだったんです。

これも、私の実体験からの話しだったんですね。

つまり、

Aさんの言っている7時30分は、夜の7時30分

がイメージした7時30分は、朝の7時30分

2人には12時間というとんでもない差があったのでした。

これがもし、お客様との会話だったらどうでしょう。

クレームにもなりそうですね。

さらに、これが恋人や夫婦の話しだったらどうでしょう。

想像するだけで恐ろしいですよね。

この出来事から、Aさんと私は、朝だと7時30分、夜だと19時30分と表現しようと約束をしたのでした。

PREP法を使えばよかった

Aさんと私の間で勃発した「7時30分問題」ですが、そもそもPREP法を使えば何も問題はなかったのではないかと思ったんですね。

なぜかというと、PREP法を使えば相手が言っていることがイメージできたからです。

そこで、Aさんと私のそれぞれの立場になってPREP法を使って解説します。

Aさんの場合

P(point)=結論を伝える

「7時30分にメルマガを配信しましょう。」

R(reason)=理由を伝える

「なぜなら開封率が高いからです。」

E(example)=事例を伝える

「例えば、私の体験を話すと、日中は、みんな忙しいからメルマガを見ません。」

「仕事が終わりひと段落経ってから、メルマガを見る人が多いようです。」

P(point)=結論で締める

「だから7時30分にメルマガを配信しましょう。」

すごく説得力が増しましたし、夜の7時30分に配信することがイメージできましたね。

私の場合

P(point)=結論を伝える

「7時30分にメルマガを配信しましょう。」

R(reason)=理由を伝える

「なぜなら開封率が高いからです。」

E(example)=事例を伝える

「例えば、私の体験を話すと、通勤時間、ランチ、休憩時間、帰宅時間、夕食後と見てもらうチャンスと時間がたっぷりとある。」

「その間にメルマガを見る人が多いようです。」

P(point)=結論で締める

「だから7時30分にメルマガを配信しましょう。」

この場合も、すごく説得力が増しましたし、朝の7時30分に配信することがイメージできましたね。

世の中の勘違いはPREP法で解決

コミュニケーション にPREP法を用いることで、勘違いや言い間違い、言った、言わないなどの争いごとも少しは減るのではないかなあと思いますが、いかがでしょうか。

そしてPREP法はコミュニケーションだけでなく、集客やセールスにも活かせるし、プレゼンテーションにも活かすことができる便利なものですよね。

こんな便利なも、なんでもっと早く教えてくれなかったのかなあ。

小学校の頃に習って、トレーニングを続ければ人生も変わっただろうなあと思いながらブログを書き終えた安藤でした。

※お問い合わせ内容に相談内容を書いて送信ボタンを押してください。

ご相談は、こちらから

スマートなセールストークを身に付ける秘密はこちらから。

セールストーク

見込み客を全国から集めるランディングページシナリオ作成9ステップ

簡単ネット集客講座-min

ヨガインストラクター売上げアップストーリーはこちらから

集客プロファイルメルマガ登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする